2018年01月17日更新
グルメ 調味料 柚子胡椒

【グルメ】九州で定番のピリ辛調味料の柚子胡椒(ゆずこしょう)

青唐辛子を用いたピリ辛で旨みを膨らませる絶品調味料で、最近ではオシャレな料理などによく用いられる柚子胡椒の紹介まとめです。

1815
1

柚子胡椒(ゆずこしょう)とは

画像を拡大

柚子胡椒(ゆずこしょう、ゆずごしょう)は、唐辛子とユズとを原料とする調味料の一種。
唐辛子を粗刻みにし、ユズの果皮と塩を入れて磨り潰し、熟成させたものである。九州では一般的な調味料として多くの料理で使用される。九州のほか、ユズの産地である徳島県木頭村(現:那賀町)や高知県でも製造されている。

出典:handson.blog117.fc2.com
画像を拡大

名称の「胡椒」は唐辛子を意味する古語。九州一部では方言として残り、ここでは一般的な「コショウ」ではなく「唐辛子」の事を指している。なお、「コショウ」は「洋胡椒」と呼んで区別する。
唐辛子は青唐辛子を用いるのが一般的であるが、赤唐辛子が用いられる場合もある。青唐辛子と青柚子なら緑色、赤唐辛子と黄柚子なら朱色の柚子胡椒に仕上がる。一般的に緑色の物は辛味が強く、赤色の物は香りが強い。地元では鍋料理や味噌汁、刺身などの薬味として用いられるが、他地域に知られるようになってからは、より多様な使い方をされるようになっている。

出典:matome.naver.jp
画像を拡大

発祥は、大分県日田市(旧日田郡天瀬町等)とする説や、福岡県の英彦山周辺とする説など、九州各地を発祥地とする説が存在している。大分県日田市では、津江地域(旧前津江村、中津江村、上津江村)を中心に柚子の栽培が盛んであり、旧天瀬町や津江地域では古くから家庭で柚子胡椒が作られていたとされる。一方、商品としての販売は、福岡県田川郡添田町の会社によって1950年(昭和25年)に行われた例がある。

出典:www.ntv.co.jp
画像を拡大

和風の鍋料理や汁物をはじめ、刺身、天ぷら、焼き鳥、豆腐などの和風料理の薬味として用いられることが多い。また、九州以外の地域で入手が容易になったこともあり、たとえば、スパゲティ、サラダドレッシング、豚カツ、ラーメン、焼売などのさまざまな料理に用いられるようになっている。
加工食品では、鶏肉の燻製、炭火焼などに柚子胡椒を加えているものが、九州を中心に製造、販売されている。

出典:matome.naver.jp
出展:Youtube

柚子胡椒を作ってみました。【料理動画】

唐辛子tvの料理シリーズ http://www.youtube.com/playlist?list=PLbnR4rTITMP7Cl_CskSMmD5tZhs3cJXBS その他の動画 http://www.youtube.com/user/tougarashitv チャンネル登録も是非...

柚子胡椒利用料理

スポンサーリンク

スポンサーリンク

画像を拡大

鶏肉との相性は最高☆

出典:blog.asamabiyori.com
画像を拡大

よく焼き鳥などにもつけて食べられます。

出典:blog.asamabiyori.com
画像を拡大

さっぱりめのチキンソテーなどでも最近は定番の調味料になってきています。

出典:dt125kazuo.blog22.fc2.com
画像を拡大

肉類の脂のしつこさもとってくれますので、べったりと使うのもありです。

出典:www.misbit.com
画像を拡大

うどんのような唐辛子もよく合う和食に大変相性がよいです。

出典:cookpad.com

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者