銀座に志かわの新作食パン!「歳時記シリーズ 水無月」で夏の訪れを感じよう

高級食パン専門店「銀座に志かわ」から、日本の伝統的な風習「夏越しの大祓」にちなんだ新商品「歳時記シリーズ 水無月」が登場。水無月をイメージした2色の生地に、大納言小豆と求肥を組み合わせた、見た目も味わいも涼しげな食パンです。期間限定販売なので、ぜひ味わってみてください。

126
0

銀座に志かわの新作食パン!「歳時記シリーズ 水無月」で夏の訪れを感じよう

高級食パン専門店「銀座に志かわ」から、日本の伝統的な風習「夏越しの大祓」にちなんだ新商品「歳時記シリーズ 水無月」が登場しました。6月11日から30日の期間限定で販売され、価格は680円(税込)です。

「水無月」は、6月30日の「夏越しの大祓」の神事に因んで食べられるようになった和菓子です。三角形の外郎に小豆をあしらった見た目も涼しげな和菓子ですが、「銀座に志かわ」の新商品「歳時記シリーズ 水無月」は、水無月をイメージした食パンです。

プレーンと宇治抹茶の2色の生地に、北海道産の大納言小豆と求肥を組み合わせ、水無月の外郎のもちっとした食感を再現しました。食べきりサイズのキューブ型食パンに仕上げられており、そのまま手でちぎって食べることができます。

「銀座に志かわ」は、季節の旬のあんを巻き込んだ月初め食パンに並ぶ新シリーズとして、「歳時記シリーズ」を展開しています。「歳時記」とは、旧暦に基づいた年中行事や故実、四季の事物をまとめた書物のことで、季節感を重視する俳諧の季語を分類・整理した書物でもあります。

「銀座に志かわ」は、食パンを通して日本の伝統文化や風習を伝えていきたいという思いから、「歳時記シリーズ」を企画したそうです。今回の「水無月」は、日本の伝統文化を食パンで表現した、まさに新しい試みと言えるでしょう。

「歳時記シリーズ 水無月」は、数量限定のため、無くなり次第販売終了となります。気になる方は、お早めに「銀座に志かわ」各店舗またはオンラインストアでチェックしてみてください。
「銀座に志かわ」の新商品「歳時記シリーズ 水無月」は、日本の伝統的な風習と食パンを融合させた、新しい試みと言えるでしょう。水無月をイメージした2色の生地と、大納言小豆と求肥の組み合わせは、見た目も味わいも涼しげで、夏の訪れを感じさせてくれます。

一口食べると、抹茶の香りが口いっぱいに広がり、大納言小豆の甘さと求肥のもちもち感がアクセントになっています。手のひらサイズのキューブ型なので、食べやすく、ちょっとした休憩時間にぴったりです。

「銀座に志かわ」は、食パンを通して日本の伝統文化や風習を伝えていきたいという思いを持っているそうです。今回の「水無月」のように、今後も季節の風物詩をテーマにした食パンが登場するかもしれません。今後の展開にも期待したいですね。
出典:株式会社銀座仁志川
出典:株式会社銀座仁志川
出典:株式会社銀座仁志川
出典:株式会社銀座仁志川

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:株式会社銀座仁志川
出典:株式会社銀座仁志川

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者