2018年12月03日更新
グルメ 薬味 辛い

粉ワサビにも使われ意外と身近な西洋わさびのホースラディッシュ

粉ワサビ、チューブ練りワサビの原料にも使われ、セイヨウワサビという和名ながら日本の食卓でも利用されるホースラディッシュのグルメ情報です。

3253
1

ホースラディッシュとは

ホースラディッシュ(horseradish、学名:Armoracia rusticana)は、アブラナ科の耐寒性の多年草。和名はセイヨウワサビ(西洋山葵)。

別名にワサビダイコン、フランス名(raifort)由来のレフォール(レホール)、ウマワサビ、西洋ワサビ、英名の直訳でウマダイコン。北海道では、清水に育つ本ワサビ(水ワサビ)と区別するため「蝦夷山ワサビ」「山ワサビ」「野ワサビ」「根ワサビ」と呼ぶ。

出展:Youtube

山ワサビ採取

水沢山にワサビを採りに行ったものです。

ホースラディッシュ利用料理の数々

スポンサーリンク

スポンサーリンク

料理動画

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者