2024年03月19日更新
束縛 彼氏 恋愛

女性を束縛する彼氏の意外な心理と対処法とは?

男性はどうして束縛をするのでしょうか。また、束縛する彼氏の対処法は? 今回は束縛する男性の男心についてご紹介していきます!

9476
0

束縛彼氏って?

束縛彼氏とは、相手の行動を必要以上に束縛するような彼氏のことをいいます。束縛は愛されている証拠だと感じる人もいますが、束縛彼氏は相手の気持ちや都合などを考えないことが多いため、自分の生活が監視されているように感じたり、心が休まる時間がないことでストレスになってしまうこともあります。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)
束縛彼氏は相手にストレスを与えていることに気づいていなかったり、自分のしていることは正しいと思っていることもあります。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

束縛する彼氏の特徴

自信がない

スポンサーリンク

スポンサーリンク

たとえば「ジゴロ」と呼ばれるようなラテン系の伊達男は、女性を束縛しようとはしません。

それは「自分はモテる」という自信があるからです。

今つきあっている女性からフラれるようなことがあっても、すぐに代わりが見つかるという自信があれば、1人の女性を束縛する必要はないのです。

束縛するのはつまり、「今の彼女を手放したら、なかなか次が見つからないだろう」と危惧し、不安を感じているからなのです。
引用元:za-sh.com(引用元へはこちらから)

彼女を愛しすぎている

彼氏が束縛したがる理由の要因で、まず考えられることは、彼女を愛しすぎているということが、単純ですけれどあると思われます。

人は愛すると盲目になりがちっていうことは誰にでもあると思いますが、本当に彼女しか見えない時ってあるものです。
引用元:the5seconds.com(引用元へはこちらから)

ヘアースタイルやファッションに厳しい

束縛彼氏は、ヘアースタイルやファッションを自分好みにしようとすることがあります。特に露出の高い格好や女性らしい格好を嫌うことがあり、自分の好きなファッションを楽しむことができなくなります。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)
少しでも肌を見せるような格好をしていると、「他の男を誘惑したいのか!」と急に怒られることがあったり、勝手にヘアースタイルを変えると何か心変わりしたんじゃないかと不安がられてしまうこともあるそうです。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

https://welq.jp/5092
引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

女々しい

たとえば、女性がその束縛の強さに耐えかねて別れを切り出したとき、それを受け入れることができず、「ボクを捨てないで」とった女々しい態度を取るのがこのタイプです。

その感情がエスカレートすると、ストーカー行為に発展するなど、実害を及ぼすこともありますので要注意。
引用元:za-sh.com(引用元へはこちらから)

マザコン気質な心理を持っている

これは、マザコンともいえるかもしれませんが、常に誰かに守ってもらいたい、見ていてもらいたい、何かする際には助けや言葉かけをしてもらいたいといった気持ちが働き、自分のお母さんのように彼女を独占したがる彼氏にも、彼女を束縛する傾向が強いです。

引用元:the5seconds.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

会社・学校の男性にやきもちをやく

仕事や学校の用事で異性から連絡が来たときにやきもちをやく男性は、彼女を束縛する男性が多いです。

彼女が別の男性となかよくなって取られてしまうのがこわいという気持ちが、やきもちをやく原因になっていることが多いものですが、

度を過ぎると仕事のことでも「男性と話したらダメだ」「携帯に登録している男性はデータを消してくれ」と言いかねません。
引用元:za-sh.com(引用元へはこちらから)

恋愛に対して常に不安を感じている

交際している以上、相手の女性が自分に好意を抱いていることはもちろん認識しています。

しかし、その好意がどれくらいのものなのかについては、まったく自信がないのです。

また、今はラブラブだとしても、彼女がいつ心変わりをするかはわかりません。

「いつ、ほかの男性に気持ちが移るかわからない」と考え、臆病になります。

そして、そうさせないために、常に自分のことだけを見つめさせるようにしたいという意識が、束縛につながるというわけです。
引用元:the5seconds.com(引用元へはこちらから)

精神年齢が低い

幼児性が強いなど、大人になりきれていないのも、束縛してくる彼氏の特徴です。

小さなこどもが、好きなおもちゃを独占したがるのと同じ心理と言っていいでしょう。

「このおもちゃは僕だけのもの」と主張し、それが兄弟げんかの原因になることがよくあります。

それと同様に、つきあっている彼女を自分だけのものにしたいという心理が、束縛につながるわけです。
引用元:the5seconds.com(引用元へはこちらから)

電話やメールなどが頻繁にくる

彼女と一緒に居ない時の彼の思考は、彼女が何をしているのか、自分以外の男性と電話やメールをしているのではないか、誰かと遊びに行ってるのではないかなど、勝手な想像をして勝手に苛立っていることがあります。

引用元:za-sh.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

束縛彼氏を対処する5つの方法!

褒め殺す

「俺を見ろ」「俺を褒めろ」「俺を尊敬しろ」と、どこまでも「自分」を前面に押し出す人がいます。彼女を束縛し行動を制限することで、自分が上に立っていることを証明しようとします。男は基本的に自己顕示欲が高く、強い承認欲求があります。目一杯褒めてあげましょう。事あるごとに褒めてあげましょう。しかも、具体的に褒めてあげることが大切です。ただし、彼がウソっぽいと思うオーバーな褒め言葉にはご注意を。

引用元:future-next.com(引用元へはこちらから)

なるべく自分から連絡をする

連絡をないことで不安に感じている男性には、自分から連絡をするといいでしょう。用事がなくても自分から連絡をするようにしたり、聞かれなくてもなるべく会話をすることで安心することがあります。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

不安材料を取り除く

あなたがノリが良く、男慣れしていて寂しがり屋で、彼氏が途切れることがあまりないタイプの可愛い女の子だったり、付き合ったきっかけがナンパだったとなると束縛されます。男は不安を顔に出さないよう遺伝子にプログラムされています。なので、口に出して「君の浮気が不安だ」と言わない人でも、内心とても不安に感じていることがあり、それが束縛につながります。ですから、「あなたと出会えて私は変われた。あなたの出会って、他の男なんてどうでも良くなった」というのをちゃんと伝えてあげましょう。不安の根本を取り除いてあげることで、束縛される可能性は少し低くなると思います。

引用元:future-next.com(引用元へはこちらから)

友達を紹介する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「女友達と遊びに行ってくる」と言っても、「まさか俺に隠れて男と会うんじゃないだろうな?」と疑惑の目を向けてくるのが束カレの特質。束カレは、妄想力がたくましい!!しかも、勝手に悪い方へ悪い方へ妄想しがち。そんな束カレの妄想力を封じるためには、あなたの友達を直接紹介するのが一番です。束カレがあなたの友達の顔や人となりを分かっていれば、あなたが「○○ちゃんと遊びに行ってくるよ」と告げたときに、束カレは「○○ちゃんなら安心だな」と判断できるからです。束カレにあなたの人間関係に関する情報をどんどん与えて、疑心暗鬼の芽を摘んでしまいましょう。


引用元:future-next.com(引用元へはこちらから)

自信を持たせる

恋愛経験が少ない、真面目に一途に、一人の彼女だけ付き合ってきた人や、浮気などしたことがない根が真面目でそんなにイケメンじゃない男性が束縛彼氏になりがちです。なぜ束縛するのかというと、不安だからです。自分に自信が無いのではなく、「自分の恋愛」に自信が無いからです。なので、自分がその人だけを愛していて、その人無しでは生きていけないことを常日頃伝えましょう。思っているだけではダメです。ちゃんと言わないと、無駄にマイナスに捉えてしまうからです。大好きアピールをしておけば、ウザい束縛は緩くなるかも、、、。自信と余裕を持たせてあげることが大切です。


引用元:future-next.com(引用元へはこちらから)

やめてほしいことを正直に伝える

言われたことを全て受け入れるのではなく、自分がいやだと思ったことは、我慢をせずに伝えるようにしましょう。嫌われるのが怖かったり、自分の意見を言うのが苦手な人は、束縛を我慢していることがストレスになって、心身に影響が出ることもあります。

自分がいやだと思うことはしっかりと拒否をして、理解してくれるまで話し合うようにしましょう。
引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

距離を置く

あまりにも束縛がひどく、耐えられなくなった時には、相手と距離を置くようにしましょう。きっぱりと別れることができればいいですが、まだ好きな気持ちが残っている時には、一度距離を置いて冷静になる時間を作ってみるといいですね。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者