2017年11月02日更新
グルメ

ヘルシーでおいしく北海道で大人気☆羊肉(ようにく)

ラムチョップやジンギスカン鍋に使われ、脂肪分が少なくヘルシーでおいしい羊肉(ようにく)のグルメ情報まとめです。

1161
1

羊肉(ようにく)とは

画像を拡大

羊肉(ようにく)は、羊の肉である。生後およそ12か月以下の子羊の肉はラム、それよりも年をとった羊の肉は日本ではマトンと呼ばれる。ただし厳密には、永久門歯の有無により区別される。
漢方では体を温める作用があるとされており、北海道、中国北部、モンゴルといった寒さの厳しい地域で好まれている。羊の飼育そのものが近代に入るまで普及しなかった日本では、羊肉の利用も牛肉、豚肉や鶏肉に比べると少ないが、明治時代に養羊が奨励された北海道では常食となっており、近年では関東でも常食化してきている。

出典:turkishfood.hosokawanaoko.com
画像を拡大

世界では地中海料理、アフリカ料理、中東料理、南アジア料理、そして中華料理において、大きな特徴となっている。日本では主にジンギスカン、しゃぶしゃぶ、カレー、ロースト、ステーキといった食べ方が好まれる。ラムはマトンよりも柔らかく、マトンはラムよりも風味豊かな味わいがある(悪く言えば、獣臭が強い)と言われる。

出典:tupian.hudong.com
画像を拡大

マトンは魚肉ソーセージのコク出し用の加工用原料としても利用されている。独特の臭いがあるため、苦手とする人もいる。ただし、この「臭い」については、本来草食獣に共通のものであって羊特有のものではない

出典:www.kanggui.com
画像を拡大

ラムは前四分部、腰肉、後四半部の3種類の部位に分けられる。前四分部は首、肩、前足、肩甲骨近くのリブを指す。後四半部は後足と尻、ロインは前四分部と後四半部の間の肋骨を指す。
ラムチョップはリブ、ロイン、肩肉を用いる。リブチョップの場合はあばら骨のついた状態、ロインのチョップは背骨が含まれる。肩肉のチョップはたいていロインよりも質が落ちると考えられている。どの種類のチョップも通常炙る。ラムの胸肉(ベイビーチョップ)はオーブンで調理される。

出典:matome.naver.jp
出展:Youtube

焼きラム肉の串(羊肉串)

良かったチャンネル登録お願いします.

おいしそうな羊肉料理

スポンサーリンク

スポンサーリンク

画像を拡大

薄切りにして、鍋、焼肉、炒め物などによく用いられます。

出典:chifan.baike.com
画像を拡大

臭みの少ないラムは骨付きのラムチョップとしてよく食べられます。

出典:www.quickiwiki.com
画像を拡大

宗教的にNGな民族が少ないので、羊肉は幅広く世界でも食べられています。
特にシンプルな串焼きなどは定番料理です。

出典:gensun.org

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者