2016年10月27日更新
毛穴 スキンケア 美肌

あなたの毛穴対策間違っていませんか? 毛穴を小さくするためのセルフケア

鼻や頬の毛穴、一回開いてしまうとなかなか元には戻りません。 毛穴に対する知識やご自身の肌の状態を認識し、まるでもともと毛穴が小さいかのような肌を目指しましょう。

933
0

毛穴の大きさは遺伝で決まる!?

外部の刺激から肌を守ってくれる「体毛」や「皮脂」。それらのバリア機能を正常に働かせるため、毛穴はなくてはならないものです。とはいえ、あまりにも大きく目立つ毛穴は「かっこ悪い!」と気にされているのは女性だけではないと思います。


引用元:mens-skincare-univ.com(引用元へはこちらから)
じつは、毛穴の大きさは男性ホルモンの量に関係しており、男性ホルモンが多い人は、皮脂腺が大きく発達し、皮脂の分泌が多くなるので、自然とその出口である毛穴も大きくなります。ですから男性は、生まれつき女性よりも毛穴が大きい傾向があると言えるのです。


引用元:mens-skincare-univ.com(引用元へはこちらから)
そのように生まれつき大きい毛穴は、化粧品などを使って小さくすることはできませんが、正しいケアをすることによって、目立ちにくくすることは可能なのです。


引用元:mens-skincare-univ.com(引用元へはこちらから)

なぜ毛穴が目立つようになる?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毛穴が目立つ原因のひとつは、毛穴が開きっぱなしになっているからです。皮脂を出すなど必要な時に開き、必要でないときはしっかり閉じる……これならさほど気にならない。しかし、この毛穴の開閉コントロールがうまくできていないと、皮脂が出っ放しになってしまいます。そして余分な皮脂が出口に栓をして、さらに酸化し黒ずむことで余計に毛穴が目立つ……という悪循環が発生するわけです。

引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)
毛穴が目立つ原因は、過剰な「皮脂」といわれます。

肌は水分が足りないと、皮膚の内側から水分を蒸発させて補おうとします。ところが皮膚の中でセラミドなどの細胞間脂質が不足していると、水分をつなぎとめることができません。こうした皮膚のバリア機能の低下も毛穴が目立つ原因のひとつになっているのです。

本来ならば水分で保湿をしなければならないところを、水分を確保できないため、応急処置として皮脂分泌で補う。その結果、この時期、「乾燥性の脂性肌」になっている人が非常に多いのです。
引用元:www.zenyaku.co.jp(引用元へはこちらから)

あなたの毛穴はどのタイプ?

黒ずみ毛穴
ザラつきをオフしても黒ずみが残る毛穴は、メラニンが蓄積している可能性大。代謝を高めて古いメラニンを排出するケアを。

すりばち毛穴
出現しやすい場所:鼻、頬
すり鉢状に広がった毛穴。大きいものになると1㎜を超えるものも。保湿でキメを整えつつ、代謝を高めるケアを。

ざらつき毛穴
出現しやすい場所:鼻、あご
触るとザラザラ、ブツブツして、毛穴の中に汚れがたまっている感覚。毛穴を緩めて、たまった汚れを落とすケアを。

みかん毛穴
出現しやすい場所:頬、鼻
全体的にオイリーで、毛穴が開き気味。皮脂をコントロールするケアを行いつつ、引き締めるケアをプラス。

しずく毛穴
出現しやすい場所:頬
頰など、たるみのある場所に目立つ、楕円や滴形の毛穴。代謝を高めつつ、引き締めるファーミングケアが必要。
引用元:www.biteki.com(引用元へはこちらから)

毛穴が詰まっているときは

(1)蒸しタオルで温めて毛穴を開く
(2)たっぷりのオリーブオイルで優しくクルクルとマッサージする
(3)ティッシュでオリーブオイルをオフする
(4)きめ細かく泡立てたたっぷりの泡で洗顔をし、しっかり洗い流す

角栓は皮脂と角質で出来ていますが、オリーブオイルで皮脂をやわらかくすることで角質も一緒に流すという方法です。
週に1〜2回がおすすめです。お肌のためにもやり過ぎないようにしてくださいね。

引用元:cuta.jp(引用元へはこちらから)

開いたままの毛穴は

スポンサーリンク

スポンサーリンク

開いたままの毛穴からは皮脂が出やすい状態となっています。
洗顔をした後は、しっかり化粧水で保湿をすることが大切です。

ここで注意したいのが、乳液やクリームなどでは油分が入り込みすぎてしまうので、化粧水をたっぷりつけた後は薄く乳液などで蓋をしましょう。

スキンケアをした後は、冷蔵庫で冷やしたスプーンなどで肌を冷やして引き締めます。
肌を引き締めることで毛穴も締まることが期待できるでしょう。

引用元:cuta.jp(引用元へはこちらから)

毛穴を目立たなくする最終ワザ

肌をなるべくこすらないことと、乾燥しがちなカサカサ肌を改善することは、毛穴に限らず、シミなどの対策にもなり、お肌をトータルで良い状態に保つ究極の方法です。
引用元:www9.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)
やさしい泡洗顔のコツ

洗顔の前に手を洗う
手にあぶらや汚れが残っていると、泡立ちが悪くなる。
逆さにしても落ちない泡を作る
しっかりした泡だと、洗浄効果が高まるだけでなく、泡がクッションとなって、摩擦の軽減につながる。
とにかくやさしく洗う
手でこすってはダメ。泡でなでるように洗う。
引用元:www9.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)
すばやく保湿のコツ

洗顔のあとすぐに保湿する
洗顔後の肌からは水分があっという間に逃げてしまうので、いち早く乳液やクリームでフタをする。
※肌が乾燥していないときは、無理に保湿を行う必要はありません。
引用元:www9.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者