2024年03月19日更新
LINE 恋愛 雑学

LINEやメールの返信が遅いなぁ…その理由は彼の「男性脳」にアリ

恋愛をしていると楽しいことばかりではありません。 「なんで彼は私の気持ちを理解してくれないんだろう。」「どうして俺のことをわかってくれないの?」と、お互いが悲しく思ってしまう場面も多々ありますよね。 でもそれは、どちらか片方が悪いわけではなく、男性の脳では理解することが難しいことだったのかも…

7388
0
男性と女性では脳の構造が違うため、分かり合おうとするなら努力が必要なのは仕方ありません。だからと言って「脳が違うんだから話してもムダ」と決めつけてしまえば、お互いの理解は深まらず、交わすのは言葉ではなく体だけ……なんてことにもなりかねないですよね。せっかく好きになった人ができたのに理解し合えないなんて、特に心を共有したい女性にとっては苦しいこと。ここは一歩譲って、男性の脳が理解しやすいように、あなたが工夫してみませんか?

女性同士のようにはなかなか行かない…『男女の会話』

男性と話をしていると、「なんて鈍感なんだろう」とか、「なんで分かってくれないの?」って思うこと、ありませんか?

引用元:zexy.net(引用元へはこちらから)
女子同士だとあうんの呼吸で理解し合えるのに、相手が男子だと同じことを言ってもなぜか通じない。“分かってくれない!”と地団駄を踏むことが多い男と女の間柄。

引用元:xbrand.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
男性には男性の、女性には女性の文脈があるため、そのどちらが正しいとは言えません。しかし、コミュニケーションを成立させるには、おたがいに異性との会話のコツを学んでおくことが大切です。

引用元:magazine.gow.asia(引用元へはこちらから)

女性が知っておきたい男性脳の特徴

スポンサーリンク

スポンサーリンク

男性脳は、「じっくりと頭で考える脳」

右脳と左脳をつなぐ部分を「脳幹」と言います。
男性の脳は一般的にこの脳幹が細いという特徴があります。
脳幹が細いことで、右脳から左脳への伝達が女性よりも遅れる傾向にあり、男性は思ったことをすぐ口に出すのではなく、じっくりと頭の中で考え込んでしまう特徴を持ちます。
引用元:w.grapps.me(引用元へはこちらから)
じっくり考え込む特徴があるので、「1つのことを集中して取り組む」ことが得意です。
単純作業や根気のいる作業をコツコツ続けていくことに向いており、職人技のように技術を磨き上げることができます。

引用元:w.grapps.me(引用元へはこちらから)
そのため、男性は子供の頃の趣味を大人になっても続ける人が多く、昔右脳で味わった感動をいつまでも新鮮に保ち続けることができるのです。

引用元:w.grapps.me(引用元へはこちらから)

男は共感するのが苦手

「私の話本当に聞いてる?」
「なんでわかってくれないの?」
など、恋愛をしている男性なら、一度は言われたことがあるのではないでしょうか?

でも実はそれ、男性が悪いわけではないのです。
引用元:4meee.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

男性脳の特徴は、身振り・態度・表情から人の感情を読み取る働きを持つ神経細胞”ミラーニューロン”を含む脳領域が小さめ。
だから、女性よりも他人に共感することが苦手なのです!
引用元:4meee.com(引用元へはこちらから)

女性脳的なメールの意図が読み取れない

男性脳にとって、通信はコミュニケーションではなく“手段”です。また目的のない文章の背景を推察することも苦手なので、女性脳で書かれたメールの本意が、読み取れない場合があります。
引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)
“今日は夜になって寒くなったね。薄着だったから、この前買ったジャケットを着たんだけど……” などと、日常会話の延長のようなふわっとしたメールが来ると、そのメールのどの話題に返信していいのかを、迷います。そして、面倒になって返信するのを忘れてしまいます。


引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)
メールの返信がこないからといって、気持ちがないわけではありません。どう返事をしていいのかが、わからないのです。どんなときも“目的”が気になる男性脳ですから、答えるべき箇所がないと困り果てます。男性からメールの返事が欲しいときは、返事を書きやすいように工夫しましょう」

引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)

女性の変化に鈍感

スポンサーリンク

スポンサーリンク

男性と女性では、脳の仕組みに違いがあります。男性は、女性に比べて、左右の脳をつなぐ神経の束=“脳梁(のうりょう)が細い”のです。

引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)
脳梁は、右脳で感じたことを左脳の言語領域で言葉にするなど、左右を連携させるときに用いられます。“脳梁が細い”男性脳は、自分が見たり感じたりしたことを、言葉にしたり、自覚することが実は苦手。

引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)
そのために、自分が今つきあってる彼女が髪型やメークを変えても、まったく気付かないという事態が起こります。これは彼女に対して愛情や関心が無いからではなく、単に男性脳の特徴なのです。

引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)
また、女性が重い荷物を持っていても、見えてるはずなのに持ってくれない。持ってほしいと思ったら、彼が察してくれるのを待たずに“お願い、この荷物持って!”と自分からリクエストしなければ、延々気付いてもらえないでしょう
引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)

簡潔な話を好む

男性脳は、基本的に先の読めない話が苦痛です。会話や情報交換が大好きな女性脳は、話題が次々と転換しても苦になりませんが、男性脳は簡潔な話しでないと受け取れません。これも、脳梁の太さの違いからです。
引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)
女性脳は話すことにより活性します。おしゃべりの効能は、自分でも予期しなかったアイディアにたどり着いたり、相手の情報をたくさん記憶すること。

引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)
一方の男性脳は、右脳と左脳の連携が少ないぶん、“空間認識能力”が機能します。そのため会話中は“話しのゴールは一体どこか”ということのほうが気になります。相手の話題を問題提起と感じて、どこに問題があり、どうしたらゴールにたどり着き、解決できるかを考えてしまうのです。

引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

女性はただ話を聞いてほしいだけなのに、話すそばから“で、結論は?””オチは?”あげくのはてには“だから言っただろう、だからダメなんだよ”などと説教をされる残念な展開になることも。女性は“そんなことを言ってほしいわけじゃない!”とイラっとしてしまうのです
引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)

男性が「女の顔しか見ない」理由

「どうして女の顔と体しか見てないの?」
「私の中身は好きじゃないの?」
確かに女性にとっては腹立たしい話ではありますが、これも仕方のない現象だったりして…。
引用元:4meee.com(引用元へはこちらから)
男性脳には、好みの対象を見ると、視覚中枢が急に活発になって認識力が下がってしまう特徴もあるんです。
男性が素敵な女性に引っかかってしまうのは、一時的に正しい判断ができなくなっているだけ!
表に出さないだけで、本当は彼女のこと、大好きなんですよね♪
引用元:4meee.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者