2018年06月05日更新
結婚 ウェディング 花嫁

花嫁さんのマストアイテム?! ウェディングノートで結婚式の準備をもっと楽しくスムーズに♪

ふたりにとって大切な結婚式の準備をもっと楽しくスムーズにしてくれる「ウェディングノート」を知っていますか? 「やることづくしで大変」な結婚式の準備を「ふたりの大切な思い出」に変えてくれるアイテムです。今回は、デジタル文具を活用した便利でちょっとユニークな「ウェディングノート」の作り方もご紹介します。

134
0

みなさんにも理想の結婚式はありますか?
式場選びに当日のメニューのチェック、招待状の作成・郵送などなど、結婚式の準備は思ったよりも大変なことが多いそうです。

とはいえ、ふたりにとって大切な結婚式は飛び切り素敵なものにしたいですよね。
季節は間もなく6月。「ジューンブライド」に憧れる女性も多いのではないでしょうか。

そんな忙しい花嫁さんにおすすめなのが今回紹介する「ウェディングノート」です。

「ウェディングノート」ってどんなノート?

「ウェディングノート」は結婚式の予定やプランナーさんとのスケジュール調整、結婚式に関する疑問やTODOリストなど、結婚式のアレコレをまとめておくノート。
ノートにまとめることで式の準備がスムーズにすすむことはもちろん、式が終わったあとはふたりの思い出として振り返ることができます。

結婚式の準備って何をしたらいいの?

結婚式の準備と言えば、一般的に下記のようなことが考えられます。

・お互いの両親への挨拶
・結婚式場の下見、見積、検討、予約
・仲人の選定
・エンゲージリング、マリッジリングの購入
・結納
・衣装探し
・招待客リストの作成
・招待状の作成・送付
・二次会の会場や幹事の選定
・料理の選定
・映像作成の依頼
・披露宴の演出、プログラム決め、余興の依頼、司会者の選定
・引き出物の選定
・新郎挨拶(新婦の手紙)を考える

ほかにも、結婚式前のエステや自分磨き、新居探し、その他書類手続きなど、本当にやることでいっぱいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「ウェディングノート」にはどんなことを書いたらいいの?

「ウェディングノート」に正解はありません。
あなたにとって、そしてふたりにとって大切だと思ったことを書いていきましょう。

例えば、日記として使ったり、式のイメージをブレインストーミングしてみたり、プランナーさんと話したことをまとめたり、使い方は無限大です。

デジタル文具でちょっと“イマドキ”な「ウェディングノート」づくり

せっかく「ウェディングノート」をつくるなら、ノートそのものにもこだわりたいですよね。

私は、「ちょっとユニークで実用的なノートにしたい!」と思い、話題のデジタル文具「スマートパッド」を使ってみました。

なんとこのノート、専用のボールペンで書いたメモがボタンひとつでデジタルなデータになるんですよ。

出展:Youtube

ワコム Bamboo Slate

紙に書いたメモやスケッチを手軽にデータ化。クラウドに保存し共有しましょう。 【ワコム公式SNS】 FB: https://www.facebook.com/WacomCreativ... TW:https:/...

紙に書いたメモやアイデアを、ボタンを押すだけでスマートフォンやタブレットに保存できるスマートパッド、Bamboo Slate。そして保存したメモやアイデアをWacom Inkspaceアプリで編集したり、エクスポートしたファイルを共有したりできます。そしてクラウドサービスの Inkspace を使用すれば、クラウドでの同期を通して、場所や時間を問わずメモにアクセスすることができます。
引用元:www.wacom.com(引用元へはこちらから)

実際のノートを持ち歩かなくても、普段使っているスマートフォンやタブレットからノートの内容が確認できるので便利です。また、データ化されているので共有も簡単にできちゃいます。“ふたり”の結婚式だからこそ、ノートの内容をふたりで共有できるのは「いいなぁ」と思いました。

また、専用のアプリから簡単に加筆・修正ができるので買い物リストや招待状の返信状況をまとめるのにも使えそうです。

ちょっと変わったデジタルノートであなただけの「ウェディングノート」をつくってみませんか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者