食品ロス削減に貢献!セブンプレミアムから「もったいないバナナ」アイス新発売

セブン&アイ・ホールディングスは、規格外バナナを使用した「セブンプレミアム」の新商品アイス2種類を発売。Dole社の「もったいないバナナ」を使用し、バナナ本来の風味を味わえるだけでなく、食品ロス削減にも貢献する。

58
0

食品ロス削減に貢献!セブンプレミアムから「もったいないバナナ」アイス新発売

セブン&アイ・ホールディングスは、グループのプライベートブランド「セブンプレミアム」より、規格外バナナを使用した新商品2品を2024年6月3日より、セブン&アイグループ各店舗で順次発売することを発表した。

今回使用されるバナナは、Dole社の「もったいないバナナ」だ。バナナは出荷時に皮に傷がついたり、色が変わってしまうと、おいしさには影響がないにもかかわらず廃棄されてしまうことがある。そこで、Dole社が推進する「もったいないプロジェクト」に参画し、規格外バナナを使用することで、バナナの豊かな風味を味わえるだけでなく、食品ロス削減に貢献するとともに、持続可能な原材料の調達につなげたいという思いから商品化に至った。

今回の新商品は、『セブンプレミアム まるで完熟バナナ』のリニューアル発売と、『セブンプレミアム ワッフルコーンバナナシェイク』の新発売となる。

『セブンプレミアム まるで完熟バナナ』は、冷凍した果実を食べているかのような食感と果実感が楽しめるアイス。バナナピューレを使用し、2層仕立てになっている。外側はさっぱりとしたバナナ感、内側は熟した濃厚なバナナ感を味わえる。

一方、『セブンプレミアム ワッフルコーン バナナシェイク』は、バナナシェイク味のワッフルコーンタイプのアイス。「もったいないバナナ」のピューレを使用し、バナナミルクアイスの中にバナナソースを入れることで、バナナ本来の味わいが感じられる仕立てになっている。

セブン&アイ・ホールディングスは、今後も「もったいないバナナ」を活用した商品の開発を進め、食品ロス削減に貢献していくとしている。
セブン&アイ・ホールディングスの「もったいないバナナ」アイスは、単に新しい商品というだけでなく、食品ロス削減という社会問題への取り組みを感じられる点が素晴らしい。規格外という理由だけで廃棄されてしまうバナナを活用し、美味しく安全な商品として販売することで、消費者に食品ロス問題への意識を高める効果も期待できる。

また、バナナ本来の風味を活かした商品の開発は、消費者にとっても魅力的なポイントだ。バナナの風味を存分に味わえるアイスは、バナナ好きにはたまらないだろう。

今回の取り組みは、企業が社会貢献活動を行うことの重要性を示す好例と言える。食品ロス削減は、私たち一人ひとりの意識改革が必要な課題だが、企業が積極的に取り組むことで、社会全体で問題解決に向けた動きが加速すると期待できる。

今後は、さらに多くの企業が食品ロス削減に取り組み、消費者に選択肢を提供してくれることを期待したい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者