「君に捧げる男前」が実写ショートドラマ化!犬系男子と男前女子の恋愛ストーリーに注目

話題の人気漫画「君に捧げる男前」が実写ショートドラマ化されることが決定しました。犬系男子と男前女子の恋愛模様が描かれるこの作品、早速ティザー映像が公開され、その魅力が炸裂しています。

69
0

「君に捧げる男前」が実写ショートドラマ化!犬系男子と男前女子の恋愛ストーリーに注目

大人気漫画『君に捧げる男前』が、今度は実写ショートドラマとして登場します!この話題作の実写化を手がけるのは、TikTokで大人気のクリエイター集団、ごっこ倶楽部。彼らが縦型画面で表現するWEBREENという新ジャンルの映像体験で、ファンはもちろん、新たな視聴者にも大きな衝撃を与えています。

『君に捧げる男前』の原作は、文之助氏の手による緻密でありながらポップなタッチの漫画。この物語は、高校生・前田藍と後輩のイケメン・矢野光の凸凹コンビの恋愛模様を描いています。藍は、学校生活を「平穏に過ごす」ことをモットーにしている男前女子。一方の光は、純粋無垢な犬系男子。彼の突然の告白から始まるこの恋物語は、読み手の心を鷲掴みにして離しません。

ごっこ倶楽部が手がける実写版でも、その魅力がしっかりと表現されています。ティザー映像は5月22日13時に公開され、藍が光に向かって男前な宣言をするシーンからスタート。お馴染みのキャラクターたちが次々と登場し、主題歌「オレンジ」に合わせて華やかに物語を彩ります。

キャスティングも注目ポイント。前田藍役には岩波詩織、矢野光役には安倍伊織、藍の友人の水森美古都役には朝木茉永、光の友人・深津大和役には後藤光輝、そして光の幼なじみ・雪見透子役には佐々木ほのかと、多くの期待の若手俳優たちが出演します。彼らが織りなす演技には、漫画とはまた違った深みとリアリティが感じられることでしょう。

ティザー映像を見た原作者の文之助氏は、「映像化を見て、とてもほっとしました。漫画とは違う新たな魅力があり、特に矢野光が藍に向ける優しいまなざしや、話を重ねるごとに少しずつ緩んでいく藍の表情が印象的でした。」とコメント。ファンにとっては、漫画の世界がさらに広がる瞬間と言えるでしょう。

ごっこ倶楽部は、2021年5月に結成されたクリエイター集団で、視覚と音の要素を駆使して観客の心を動かす新しいジャンル「WEBREEN」を作り続けています。彼らは、脚本、撮影、編集、マーケティングまでを一貫して行い、スタジオ内で全ての工程を完了させる効率的な制作スタイルを採用。これまでに制作・投稿された動画は800本を超え、累計再生数は30億回以上という驚異的な数字を誇ります。

『君に捧げる男前』のショートドラマは、5月22日よりGANMA!公式ショートドラマ配信用TikTokアカウントで1~9話が順次公開され、その後、5月30日からはBUMPで全23話が一斉に公開されます。特にBUMPでの配信に関しては一部有料話も予定されています。

このドラマは、原作を読んだことがある方も、新たにファンとなる方も楽しめる内容となっています。犬系男子のピュアな恋心と男前女子の強さが絡み合う物語、ぜひチェックしてみてください!
出典:株式会社GOKKO
出典:株式会社GOKKO
出典:株式会社GOKKO

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者