美味しさとサステナビリティを両立!ファミマの「だいたい海鮮巻」登場

持続可能な漁業を支える新トレンド!ファミリーマートの「だいたい海鮮巻」は、ウニやイクラを代替食品で再現し、味わいも本物に迫るクオリティ。関東1都6県で発売中!

45
0

美味しさとサステナビリティを両立!ファミマの「だいたい海鮮巻」登場

サステナブルで美味しい新しいトレンドが、ファミリーマートから登場!女性読者の皆さまにも心と味蕾に響く「だいたい海鮮巻」が、2024年5月28日(火)より関東1都6県の約4,900店で発売されます。この「だいたい海鮮巻」は、シーフード好きの方でも大満足できる素敵な一品。特にウニとイクラの代替食品に注目が集まります。

ウニの代替食品には、スケソウダラのすり身といった質の高い魚肉が使用されており、その味わいは驚くほど本物に近いのです。また、イクラの代替食品には大豆由来の植物油脂を使用。これらの材料は、持続可能な漁業をサポートするために、TAC制度という厳格な管理制度のもとで漁獲されています。つまり、美味しさを保ちながらも、地球にも優しい選択ができるのです。

これらの代替食品を使用した「だいたい海鮮巻」は、毎日の食卓に新しい風を吹き込む一品となることでしょう。ファミリーマートでは、サステナブルな取り組みを続けながら、代替食品を使った新商品を積極的に開発しています。今回の「だいたい海鮮巻」は、ウニの代替食品をのせた巻き寿司と、イクラの代替食品をのせた巻き寿司がそれぞれ2巻ずつセットになっており、見た目や味、食感ともに本物に引けを取らないクオリティです。

さらに、カニの代替食品として使用されているのはカニ風味のかまぼこ。これもまた、魚肉のすり身を使った本物に近い味わいが特徴です。ウニ、イクラ、カニ、これらのシーフードを代替食品で再現するということは、持続可能な漁業の未来を開拓するだけでなく、美味しさも妥協しないというノンコンプロマイズな姿勢の表れです。

前回の「だいたい海鮮丼」も大変な人気を博し、多くの方々がその美味しさとサステナビリティへの関心を高めました。今回の新製品「だいたい海鮮巻」でも、その人気がさらに広がることでしょう。海鮮丼の時は2,300店での発売でしたが、今回は倍以上の4,900店で発売されることからも、その期待の高さが伺えます。

ファミリーマートは、サステナビリティの観点からも注目される企業。今回の取り組みは「食の安全・安心、地球にもやさしい」など、持続可能な社会を目指した活動の一環です。私たち一人ひとりが手に取る商品が、地球の未来にも影響を与える時代。だからこそ、美味しくて地球に優しい「だいたい海鮮巻」をぜひ一度試してみてください。

最後に、「だいたい海鮮巻」の詳しい販売情報をおさらいします。価格は369円(税込398円)、2024年5月28日(火)から関東1都6県のファミリーマートで購入可能。ぜひ、この機会に持続可能なお買い物を楽しんでみてはいかがでしょうか。ファミリーマートの新しい商品を通じて、美味しさとサステナビリティの両方を手に入れる一歩を踏み出しましょう!
出典:株式会社ファミリーマート
出典:株式会社ファミリーマート

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者