2024年05月20日更新
THEROPPONBAL 福岡市 アメリカン料理

新感覚アメリカンと出会う! THE ROPPON BALが提案する美食のひととき

新たにオープンした「THE ROPPON BAL」で、森脇シェフ監修のスパイシーで香り豊かなアメリカン料理とクラフトビールを堪能。至福のひとときを楽しんで。

155
0

新感覚アメリカンと出会う! THE ROPPON BALが提案する美食のひととき

福岡市中央区六本松に、アメリカンダイナー『THE ROPPON BAL』が新登場!都内で幅広く活動する森脇シェフがメニューを監修し、新感覚のスパイシーで香り豊かなアメリカン料理とクラフトビールを提供します。六本松で新たな美食のひとときを過ごしてみませんか?

# ランチタイム


『THE ROPPON BAL』のランチタイムでは、ボリューム満点のスペシャルハンバーガーや香り高い自家製スパイスカレーが楽しめます。特におすすめなのが名物の「チョリパンバーガー」。厳選した国産牛パティをアルゼンチンスタイルの糸島豚の燻製チョリソーとチミチュリーソース(ハーブソース)で合わせ、バンズは地元名店「マツパン」が毎朝焼き上げるオリジナルのブリオッシュでサンド。国産牛とチョリソーの絶妙なバランスが楽しめる一品です。

さらに、10種類以上のスパイスを使って煮込んだ「マッサマンカレー」も注目の一品。ココナッツミルクでマリネした鶏モモ肉とトマト、バターを使用し、スパイシーさとまろやかさを絶妙に融合させ、幅広い層に愛される味わいを実現しています。

# カフェタイム


ゆったりとした空間で過ごす午後のひとときには、『THE ROPPON BAL』のオリジナルスイーツがぴったり。特に、シナモンバニラのリコッタパンケーキは絶品です。リコッタチーズとシナモン、バニラをふんだんに使用したふわふわなパンケーキに、カボチャの種のグラノーラがアクセント。オーダーごとに丁寧に焼き上げるため、一口食べれば心までホッと温まります。

# ディナータイム


ディナータイムには、クラフトビールと共に楽しむ小皿料理が充実。フィッシュ&チップスとサワークリームとミントの組み合わせや、真鯛のセビーチェ、モッツァレラと季節のフルーツのマリネなど、バリエーション豊かなメニューが揃っています。軽く一杯から、本格的なディナーまで、気分に合わせて楽しめるのが魅力です。

# キャンペーン情報


オープン記念キャンペーンとして、公式Instagramアカウント(@the_ropponbal)をフォローし、指定のハッシュタグ(#RopponBal #クラフトビールとフィッシュ&チップス)を付けて投稿すると、ドリンク1杯がプレゼントされる嬉しい特典も。是非、この機会に足を運んでみてください。

# シェフ経歴


今回メニューを監修する森脇シェフは、辻調理師専門学校を卒業後、数々のレストランで経験を積み、世界各地で料理の知識を深めてきました。その後、日本に帰国し銀座「旧AURUM+truffle」やみなとみらい「Trattoria Tabulé 」のシェフを歴任。現在はカヌレ専門店「boB」やヴィーガン生テリーヌ「emma.」の監修も手掛けています。そんな豊富な経験を持つ森脇シェフが提案する新感覚アメリカン料理をぜひお試しください。

『THE ROPPON BAL』は福岡市中央区六本松3-9-10に位置し、ランチは11:00~14:00、カフェは14:00~17:00、ディナーは17:00~21:00まで営業しています。最新のメニューやキャンペーン情報は公式Instagram(@the_ropponbal)でチェックをお忘れなく。
出典:株式会社ANTICIPO
出典:株式会社ANTICIPO
出典:株式会社ANTICIPO
出典:株式会社ANTICIPO
出典:株式会社ANTICIPO

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:株式会社ANTICIPO
出典:株式会社ANTICIPO
出典:株式会社ANTICIPO
出典:株式会社ANTICIPO
出典:株式会社ANTICIPO

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者