無印良品の新作おやつ: エコで美味しい「寒天もち」と「茎わかめ」登場!

無印良品が新たに「寒天もち」と「茎わかめ」を発売。捨てられる素材を活用し、美味しいおやつを提供します。新しいエコライフを体験してみて。

73
0

無印良品の新作おやつ: エコで美味しい「寒天もち」と「茎わかめ」登場!

こんにちは、ファッショニスタの皆さん!今回は私たちの日常に彩りを添えてくれる無印良品からの新作おやつをご紹介します。環境への意識が高まる中、無印良品がこの度発表したのは、製造工程で廃棄される素材を再利用した「寒天もち」と「茎わかめ」。これにより、美味しいだけでなく、地球にも優しいおやつが誕生しました。

まず、「寒天もち」はドライフルーツを製造する際に発生する果皮の切れ端やシロップを活用しています。清見オレンジとはっさくといった国産フルーツを低温でじっくりシロップに浸け、フルーツの自然な風味をそのまま閉じ込めました。その工程で使われなかった果皮はミンチ状にされ、もち粉と寒天に練り込まれています。結果として、フルーツの風味が詰まった寒天もちが完成しました。お茶タイムにほっと癒やしをもたらしてくれそうです。

次に「茎わかめ」は、食べづらいという理由でこれまで廃棄されていたわかめの元茎を、一口サイズにカットし、味付けをして商品化した新しい試みです。三陸で取れたわかめを岩手県大槌町の工場で加工。震災で大きな被害を受けた地域の産業を支援する取り組みも兼ねています。シャキシャキとした食感が特徴で、健康的なおやつやおつまみとしても最適です。

無印良品はこれまでも、製造工程で廃棄される素材を再利用した製品を数多く展開してきました。しかし、この「寒天もち」と「茎わかめ」は特に環境への配慮が高い商品です。無印良品の理念「感じ良い暮らしと社会」の実現に向けた新たな一歩と言えるでしょう。

さあ、あなたも無印良品の新作おやつを手に取って、新しいエコライフを楽しんでみてはいかがでしょうか?
出典:株式会社良品計画
出典:株式会社良品計画

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者