魅力的な新冷凍フルーツ登場!プロトングループと松本青果の共同開発

プロトングループと松本青果がプロトン凍結技術を用いた「冷凍果実」を発売。新鮮な果実の美味しさを一年中楽しめる逸品。冷凍フルーツの新しい楽しみ方をご紹介。

94
0

魅力的な新冷凍フルーツ登場!プロトングループと松本青果の共同開発

新鮮な果実をいつでも楽しみたいという願いに応える新商品が登場。プロトングループと松本青果の共同開発による「冷凍果実」です。サイズや形状をそのまま保持し、プロトン凍結技術のおかげで、解凍後もフレッシュな食感と風味を楽しむことができます。

この新商品は、いちご、ブルーベリー、りんご、さつまいもの4種がラインナップ。自社直営のECショップ「EveryMealMarket(EMM)」を通じて2024年5月21日より販売が開始されます。特に注目すべきはプロトン凍結技術が使用されている点。この技術は、食品の細胞を破壊せずに急速冷凍するため、果実本来の鮮度と美味しさをキープすることが可能です。

「冷凍果実」シリーズでは、特に半解凍の状態での楽しみ方が推奨されています。少し溶けた状態で食べることで、果実の風味や食感がより一層引き立つのです。例えば、冷凍いちごは一口食べるとまるでフレッシュな状態のような甘酸っぱさが楽しめますし、ブルーベリーはビタミンやアントシアニンが豊富で健康的なおやつとしても最適です。シャリっとしたりんごやホクホクのさつまいもも、冷凍とは思えない美味しさを提供してくれます。

地元・長野県産のフルーツを使用していることも、この商品の大きな特徴です。りんご、ぶどう、桃、さくらんぼなど、果実の王国と言われる長野県産のフルーツが一年中楽しめるのは嬉しいポイント。さらにプロトングループは今後、メロンやシャインマスカットなど、他の長野県産フルーツも冷凍商品として展開する予定です。

プロトングループと松本青果は、この冷凍フルーツを通じて持続可能な社会の実現に貢献し、安全で高品質な食材を消費者に提供することを目指しています。特に、近年の気候変動が農産物の収穫に影響を与える中、冷凍技術が食品ロスを防ぐ有効な手段として注目されています。

「EveryMealMarket(EMM)」(https://emm.proton-group.net/)でのオンライン販売以外にも、全国のスーパーマーケットやデパートへの卸売も予定しており、幅広い消費者に楽しんでもらえるよう展開しています。興味のある方は是非、公式サイトで詳細をチェックし、この新しい冷凍フルーツを試してみてください。地元の風味がそのまま閉じ込められた逸品を、お家のテーブルに届けます。

皆さんの食卓に、新鮮で美味しいフルーツの新しい形をお届けする「冷凍果実」。いつでもどこでも、手軽に楽しめるこのアイテムを是非お試しください。朝食やスムージー、デザート作りなど、多岐にわたる利用シーンで大活躍間違いなしです。
出典:株式会社菱豊フリーズシステムズ
出典:株式会社菱豊フリーズシステムズ
出典:株式会社菱豊フリーズシステムズ
出典:株式会社菱豊フリーズシステムズ
出典:株式会社菱豊フリーズシステムズ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:株式会社菱豊フリーズシステムズ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者