アニエスベーが瀬戸田にカムバック!特別イベント&ポップアップショップ開催

アニエスベーが「PAPERSKY Little Local Market in Setoda」で特別なヴィンテージアイテムを販売。さらに、ポップアップショップやコラボカフェも開催し、瀬戸田での滞在を彩ります。

130
0

アニエスベーが瀬戸田にカムバック!特別イベント&ポップアップショップ開催

アニエスベーが再び瀬戸田にカムバック!2002年創刊のトラベル・ライフスタイル誌『PAPERSKY』と「SOIL Setoda」が広島県尾道市の瀬戸内海に浮かぶ生口島・瀬戸田で開催する「PAPERSKY Little Local Market in Setoda」にアニエスベーが出店します。5月25日(土)と26日(日)の2日間、瀬戸田港前広場でアニエスベーの特別なヴィンテージアイテムを手に入れるチャンスです。2023年には、瀬戸田のしおまち商店街を1ヶ月間ジャックし、スペシャル宿泊プランやポップアップショップを展開したアニエスベー。今年も、時代を超えて愛されるデザインや素材を大切にしたアイテムが再び瀬戸田で展示されます。

アニエスベーが提案する洋服づくりの核心には、時代に左右されないデザインと良質な素材、丁寧な縫製が常にあります。『PAPERSKY Little Local Market in Setoda』では、アニエスベーが行っているユーズドアイテムの回収プロジェクトに賛同いただいたウェアのリセールも行われます。自身のクローゼットに1970年代の創業当時のコレクションを大切に並べるように、アニエスベーのアイテムは人から人へとその想いとヒストリーを繋げていくことでしょう。

また、ヴィンテージアイテムの販売収益の半分は、一般社団法人タラ オセアン ジャパンに寄付されます。タラ オセアン ジャパンは2003年にアニエス・トゥルブレと息子のエチエンヌ・ブルゴワが立ち上げた公益財団法人の日本支部。地球温暖化や環境的脅威が海洋にもたらす影響を研究する「科学探査船タラ号」の活動を支援するとともに、日本独自のプロジェクトを推進しています。

今回のイベントでは、今年4月に発売されたタラ号の北極探査プロジェクトを元に描かれたバンド・デシネ(フランスの漫画本)の日本語翻訳本『北極で、なにがおきてるの?―気候変動をめぐるタラ号の科学探検』も販売されます。

さらに、「PAPERSKY Little Local Market in Setoda」に先駆けて、SOIL Setodaのグローサリーストア「ひ、ふ、み」ではアニエスベーのポップアップショップを5月31日(金)まで開催中です。アニエスベーのカフェで人気のタンブラーや大人から子どもまでお揃いで楽しめるロゴTシャツ、カラフルな新作バッグ、フランスのレインウェアブランド「K-WAY」とのコラボウィンドブレーカーなど豊富なアイテムが揃っています。

また、隣接するカフェ「MINATOYA」では、5月24日(金)から26日(日)までアニエスベーのコラボカフェがオープン。瀬戸田のレモンを使用した季節のエクレアや、アニエスベーのカフェの人気メニュー・クレームブリュレとクロックムッシュが提供され、晴れた日にはオープンカフェでのんびりと過ごすことができます。さらに、期間限定の暖簾やアニエスベーのコレクションのアーカイブ生地を使用した装飾で店舗を彩り、フォトグラファー川島小鳥さんが2023年に瀬戸田で撮り下ろしたアニエスベーのTシャツを着た人々の写真作品も展示されます。

アニエスベーのアイテムとともに特別な時間を過ごせるこのイベント、お見逃しなく。更なる詳細やお問い合わせは以下のリンクからご確認ください。
出典:アニエスベージャパン株式会社
出典:アニエスベージャパン株式会社
出典:アニエスベージャパン株式会社
出典:アニエスベージャパン株式会社
出典:アニエスベージャパン株式会社

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者