2024年06月21日更新
AmazonMusic CreepyNuts KingGnu

Amazon Musicが発表!2024年上半期音楽シーンを彩ったアーティストたち

Amazon Musicが2024年上半期の音楽シーンを振り返るランキングを発表!ストリーミング再生回数とCD売上枚数を合算した総合ランキングや、各ジャンルのトップアーティストを紹介。2024年上半期を彩った音楽をプレイリストで楽しもう!

191
0

Amazon Musicが発表!2024年上半期音楽シーンを彩ったアーティストたち

Amazon Musicは、2024年上半期を締めくくる音楽ランキング「2024年上半期 Best Artists」を発表しました。このランキングは、Amazon.co.jpでのCD売上枚数とAmazon Musicのストリーミング再生回数を合算して集計されたものです。総合ランキングのトップには、2024年の音楽シーンを席巻したCreepy Nutsが輝き、J-POP部門ではKing Gnu、K-POP部門ではLE SSERAFIMがそれぞれ1位を獲得しました。

発表されたのは総合ランキングだけでなく、Amazon Musicのキュレーターが厳選した「Best of J-POP」、「Best of K-POP」、「Best of ANIME」など、8つのジャンル別のランキングも発表されました。それぞれのランキングをもとに楽曲を編成したプレイリストは、Amazon Musicアプリで配信されています。

総合ランキング1位のCreepy Nutsは、テレビアニメ『マッシュル-MASHLE- 神覚者候補選抜試験編』のオープニングテーマ「Bling-Bang-Bang-Born」が大きな話題となり、SNSで流行した「BBBBダンス」も相まって、日本音楽シーンを代表する楽曲となりました。J-POP部門1位のKing Gnuは、TVアニメ『呪術廻戦』「渋谷事変」のオープニングテーマ「SPECIALZ」を含むアルバム「THE GREATEST UNKNOWN」が、自身最速となるストリーミング累計再生回数1億回を突破するなど、高い人気を誇っています。K-POP部門1位のLE SSERAFIMは、楽曲「EASY」がリリースと同時にチャートを駆け上がるなど、世界中で話題となりました。

その他にも、アニメ部門では「鬼滅の刃」の主題歌が、バーチャルアーティスト部門では星街すいせいが、POP部門ではBillie Eilishが、J-Rock部門ではMY FIRST STORYが、J-Hip Hop部門では千葉雄喜が、ブレイクスルーアーティスト部門ではTRACK15がそれぞれトップに選ばれました。

これらのランキングは、2023年10月1日から2024年5月31日までの期間にリリースされた楽曲を対象に集計されたものです。Amazon Musicの会員であれば、これらのランキングに基づいたプレイリストを、オンデマンド再生またはシャッフル再生で楽しむことができます。
2024年上半期Best Artistsランキングは、まさに2024年の音楽シーンを象徴するような結果となりました。

総合ランキング1位のCreepy Nutsは、楽曲のキャッチーさとライブパフォーマンスの力強さで、世代を超えて多くのファンを獲得しました。彼らの勢いは、今後も衰えることはなさそうです。J-POP部門では、King Gnuの独特の世界観と高い音楽性が評価されました。彼らの音楽は、聴く人の心を揺さぶる力を持っています。K-POP部門では、LE SSERAFIMの華麗なパフォーマンスと洗練された楽曲が、世界中のファンを魅了しました。

各ジャンルのランキングを見ると、2024年上半期の音楽シーンは、バラエティに富み、活気に満ち溢れていることがわかります。アニメ、バーチャルアーティスト、POPなど、様々なジャンルの楽曲が、リスナーの心を掴みました。

Amazon Musicは、音楽好きにとって、新しい音楽に出会うための貴重なツールと言えるでしょう。今回のランキングを参考に、新たな音楽の世界を探求してみてはいかがでしょうか。
出典:アマゾンジャパン合同会社
出典:アマゾンジャパン合同会社
出典:アマゾンジャパン合同会社
出典:アマゾンジャパン合同会社

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:アマゾンジャパン合同会社
出典:アマゾンジャパン合同会社
出典:アマゾンジャパン合同会社
出典:アマゾンジャパン合同会社
出典:アマゾンジャパン合同会社
出典:アマゾンジャパン合同会社
出典:アマゾンジャパン合同会社

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者