2024年05月22日更新
有沙瞳 綾凰華 小泉萌香

宝塚スターたちで蘇る『若草物語』!銀座で朗読劇の魅力を堪能

元宝塚スター有沙瞳、綾凰華、星南のぞみと実力派女優小泉萌香が四姉妹を演じる『若草物語』が7月に銀座博品館劇場で上演決定!映画と朗読劇が融合した新しいスタイルをお楽しみください。

30
0

宝塚スターたちで蘇る『若草物語』!銀座で朗読劇の魅力を堪能

宝塚OGと注目女優の共演で贈る心温まる名作、Classic Movie Reading Vol.3『若草物語』が7月に銀座博品館劇場で開催決定!この朗読劇シリーズは、世界の名作映画を朗読劇として再解釈し、映像や創作的な演出で観客を魅了しています。『ローマの休日』『自転車泥棒』『風と共に去りぬ』に続く第三弾は、アメリカの作家ルイーザ・メイ・オルコットの『若草物語』です。1868年に出版され、1949年に映画化されたこの作品は、マーチ家の四姉妹たちが困難に立ち向かいながら絆を深めていく様子を描いています。南北戦争時代を背景に、愛と成長を描いたこの物語は、今も多くの人々に愛され続けています。

穴巻として脚本を担当するのは、これまでの『ローマの休日』『自転車泥棒』『風と共に去りぬ』で新しい朗読劇のスタイルを築いてきた開沼豊。演出は、前回の『ローマの休日/自転車泥棒』で翻訳・上演台本・演出を務めた下平慶祐が再び務めます。この強力なタッグにより、『若草物語』がどのように再解釈されるのか、大いに期待が寄せられます。

四姉妹のキャスティングも目が離せません。長女メグ役には、元宝塚歌劇団の娘役スター、有沙瞳が出演。次女ジョー役には、綾凰華が務めます。三女エイミー役には、女優としても声優としても活躍する小泉萌香が控えており、末っ子ベス役には宝塚退団後も幅広い活動を続ける星南のぞみ。この豪華キャストが、それぞれの個性を融合させ、新たな『若草物語』を創り上げます。

有沙瞳が「初めての朗読劇に挑戦する機会をいただいて、とても嬉しい」と語る一方で、綾凰華は「不朽の名作に携わることができて幸せ」とコメント。小泉萌香は「妹として甘やかされてきた部分をエイミー役で存分に発揮したい」と期待を膨らませ、星南のぞみは「幼い頃から愛する作品に出演できることに感謝を表しています。」彼女たちのコメントには、それぞれの役柄への熱い思いが込められています。

この公演は、2024年7月6日(土)から7日(日)までの2日間にわたり、銀座博品館劇場で開催されます。両日ともに複数回公演が予定されており、多くの観客が楽しむことができるでしょう。チケットは、特典付が9,900円、一般が9,200円で販売され、オフィシャル先行(抽選)やプレイガイド先行(抽選)の受付期間が設けられています。一般販売は6月15日(土)からスタートとなるため、是非お見逃しなく。

名作『若草物語』が豪華なキャストとともに蘇るこの夏、一味違った朗読劇の世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。詳細やチケット購入は、公演公式サイトや公式X(旧Twitter)で随時更新されますので、ぜひチェックしてください。
出典:株式会社キョードーメディアス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者