「キリン一番搾り生ビール」が35周年でリニューアル!飲みやすさと麦の旨みが進化

キリンビールが「キリン一番搾り生ビール」をリニューアル。ホップ配合と仕込み温度を見直し、雑味を抑え、麦の旨みをさらに引き出した。パッケージも刷新され、聖獣麒麟を際立たせ、品質と親しみやすさを表現。7年ぶりの新CMにも注目だ。

30
0

「キリン一番搾り生ビール」が35周年でリニューアル!飲みやすさと麦の旨みが進化

キリンビール株式会社は、同社のフラッグシップブランドである「キリン一番搾り生ビール」をリニューアルし、2024年6月製造品から順次発売を開始しました。1990年の発売から35年目を迎える「一番搾り」は、麦の旨味を最大限に引き出す「一番搾り製法」を採用し、長年愛されてきました。今回のリニューアルでは、さらに飲みやすく進化させるため、ホップ配合と仕込み温度の見直しを行いました。

ホップ配合の見直しにより、雑味が減少し、より麦の旨味が感じられるスッキリとした味わいに。仕込み温度の変更によって、よりバランスのとれた味わいを追求しました。

パッケージも、聖獣麒麟とKIRIN BEERの帯を中央に配置し、フラッグシップブランドとしての存在感をより一層際立たせました。背景色は明るいアイボリーに変更され、金色の文字がより鮮やかに映えることで、品質の高さと親しみやすさを表現しています。

「一番搾り」は、今後も「おいしい好きのすべての人の今日のよろこびになる」ことを目指し、ビールカテゴリーの魅力化・活性化を推進していくとのことです。

今回のリニューアルで、より洗練された味わいとパッケージになった「キリン一番搾り生ビール」。ぜひ、新しくなった「一番搾り」を味わってみてください。
35周年を迎えた「キリン一番搾り生ビール」のリニューアルは、長年愛されてきたブランドへの揺るぎない自信と、さらなる進化を遂げたいという強い意志を感じます。ホップ配合と仕込み温度の見直しは、決して簡単なことではないでしょう。長年の研究開発を経てたどり着いた、より洗練された味わいは、まさに「おいしさへの挑戦」の結晶と言えるのではないでしょうか。

パッケージも、シンプルながらも洗練されたデザインで、高級感を漂わせる印象を受けました。聖獣麒麟をより強調したことで、ブランドのアイデンティティが明確になり、より一層印象的なデザインに仕上がっています。

「一番搾り」は、これからも「おいしさ」と「品質」へのこだわりを追求し、私たちに「喜び」と「感動」を与え続けてくれるでしょう。今回のリニューアルを機に、改めて「キリン一番搾り生ビール」の魅力に触れてみてはいかがでしょうか。
出典:キリン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者