京都・伊藤久右衛門の宇治抹茶スイーツ重「茶菓ノ四季」で味わう、四季折々の贅沢

創業から200年以上続く京都の老舗茶舗「伊藤久右衛門」が、オンラインショップ限定で販売する「宇治抹茶スイーツ重 茶菓ノ四季」。春夏秋冬をイメージした4種のスイーツは、抹茶本来の風味と季節の素材を組み合わせた、まさに珠玉の逸品です。

99
0

京都・伊藤久右衛門の宇治抹茶スイーツ重「茶菓ノ四季」で味わう、四季折々の贅沢

京都・宇治の老舗茶舗「伊藤久右衛門」が、2024年6月15日より公式オンラインショップ限定で販売を開始した「宇治抹茶スイーツ重 茶菓ノ四季」。

創業から200年以上続く同店のグランシェフが、特別なシーンを彩るスイーツとして考案した「茶菓ノ四季」は、春夏秋冬をテーマに、宇治抹茶と季節のフルーツや素材を組み合わせた4種のスイーツで構成されています。

それぞれのスイーツは、宇治本店に併設された宇治菓子工房の抹茶パティシエが、丁寧に手作業で仕上げた自信作です。

春は、あまおう苺と宇治抹茶のバタークリームケーキ「クレーム オ ブール ~あまおう~」。

夏は、レアチーズとベイクドチーズの2層仕立てで、初夏の茶園をイメージした「デリス フロマージュ」。

秋は、渋皮栗を贅沢に使用した宇治抹茶のパウンドケーキ「栗キャトルカール」。

冬は、ダークチョコクリームの中にブラックベリーを忍ばせた抹茶チョコレートケーキ「ショコラ ミュール」と、一年を通して抹茶の風味と季節の味わいを楽しめる、まさに四季折々の贅沢なスイーツとなっています。

スイーツは、重箱に詰められており、見た目にも華やかで、贈り物にも最適です。

製造数は限定のため、気になる方はお早めにチェックしてみてください。
「茶菓ノ四季」は、抹茶本来の風味を活かしながらも、それぞれの季節の素材を最大限に引き出すことで、奥深い味わいを生み出していると感じました。特に印象的だったのは、夏の「デリス フロマージュ」です。レアチーズとベイクドチーズの2層仕立ては、抹茶の苦味とチーズのコクが絶妙なバランスで調和しており、そこにチョコレートのアクセントが加わることで、まさに初夏の茶園を思わせる爽やかな味わいに仕上がっていました。

また、秋冬のスイーツも、素材の組み合わせや仕上げ方によって、それぞれの季節の美味しさを存分に感じることができました。

「茶菓ノ四季」は、単なるスイーツではなく、抹茶と季節の素材が織りなす、まさに芸術作品と言えるでしょう。特別な日に、大切な人とゆっくりと味わいたい、そんな贅沢なスイーツです。
出典:株式会社伊藤久右衛門
出典:株式会社伊藤久右衛門
出典:株式会社伊藤久右衛門
出典:株式会社伊藤久右衛門

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:株式会社伊藤久右衛門
出典:株式会社伊藤久右衛門
出典:株式会社伊藤久右衛門

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者