2024年06月17日更新
NCTDREAM AERA 向井康二

NCT DREAMが表紙を飾る!AERA 6月24日増大号 発売!

人気K-POPグループNCT DREAMが、6月17日発売のAERA 6月24日増大号の表紙に登場!ロングインタビューでパフォーマンスやファンへの思いを語ります。巻頭特集は「メディア生存戦略」で、紙メディアの未来を探ります。

37
0

NCT DREAMが表紙を飾る!AERA 6月24日増大号 発売!

6月17日発売の週刊誌『AERA』6月24日増大号は、人気K-POPグループNCT DREAMが表紙を飾ります。

NCT DREAMは、洗練された楽曲とダイナミックなダンス、芸術性の高いステージで世界中から熱い視線を浴びています。今回のインタビューでは、彼らの音楽にかける情熱や未来への展望が語られています。メンバーのHAECHANは「これからも止まることなく成長していきたいですし、夢を見続けたい」と語り、グループのさらなる進化を予感させます。JENOは「常に新しい姿、新しい音楽を見せようと努力する姿勢」を、JISUNGは「パフォーマンスに対する真心、ファンに対する真心を大事にステージに立つ」ことを大切にしていることを明かしました。彼らの言葉からは、世界中にファンが増え続ける理由が伝わってきます。

表紙とグラビアの撮影は、蜷川実花氏が担当。華やかな花々に囲まれた中で、NCT DREAMのクールな魅力が際立つ写真の数々は必見です。

巻頭特集は「メディア生存戦略」と題し、デジタル化が進む中、紙メディアがどのように変化していくのかを探ります。デジタルメディアで大きな存在感を示す『文春オンライン』と、雑誌売り上げナンバー1の『ハルメク』の事例を挙げながら、紙とデジタルの連携や今後の展望について考察しています。さらに、ウェブメディアの未来や生成AIがメディアに与える影響についても触れられています。

その他にも、学校健診で上半身裸になる必要性について、子どもを持つ親や専門家への取材を通して議論を深めています。また、大好評連載の「向井康二が学ぶ 白熱カメラレッスン」は、特別編として「誌上写真展」が開催されます。向井さんが本誌のために撮り下ろした写真の数々は、彼の日常を垣間見ることができます。さらに、松下洸平さんと吉高由里子さんの対談も最終回。最後まで吉高さんの明るいエネルギーに包まれた対談は必見です。

AERA 6月24日増大号は、NCT DREAMのインタビューやメディアの未来、学校健診の議論、そして人気連載の最終回など、盛りだくさんの内容でお届けします。ぜひ、書店でお買い求めください。

※発売日の6月17日(月)正午からは、AERAの公式X(@AERAnetjp)と公式インスタグラム(@aera_net)で、最新号の内容を紹介する「#アエライブ」を実施予定です。こちらもぜひチェックしてください。
出典:株式会社朝日新聞出版
NCT DREAMの表紙を飾るAERA 6月24日増大号は、彼らのインタビューだけでなく、メディアの未来や学校健診の議論など、読み応えのある内容が満載でした。

NCT DREAMのインタビューでは、彼らの音楽に対する情熱やファンに対する思いが伝わってきて、改めて彼らの魅力を感じることができました。蜷川実花氏が撮影した表紙とグラビアも美しく、彼らのクールな魅力を存分に引き出していました。

巻頭特集の「メディア生存戦略」では、デジタル化が進む中、紙メディアがどのように変化していくのかについて、興味深い内容が展開されていました。特に、『文春オンライン』と『ハルメク』の事例は、紙とデジタルの連携の重要性を示唆しており、今後のメディアのあり方について考えるきっかけを与えてくれました。

学校健診の議論では、保護者の意見や専門家の見解が詳しく紹介されており、この問題の複雑さを改めて認識させられました。子どもたちの健診をどう考えていくのか、社会全体で議論していく必要があると感じました。

向井康二さんの写真展と松下洸平さんと吉高由里子さんの対談は、どちらも読み終えた後に温かい気持ちになるような内容でした。向井さんの写真展では、普段見られない彼の日常の一面を見ることができ、松下さんと吉高さんの対談では、二人の息の合ったやり取りに心が和みました。

全体として、AERA 6月24日増大号は、多岐にわたるテーマを深く掘り下げており、非常に充実した内容でした。ぜひ、手に取って読んでみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者