2024年03月19日更新
心理学 恋愛心理 父親

ダメ男好きな女子は注意?男運が悪いのは実はあなたの「父親」が原因?!?

ダメ男を見てると、私が何とかしてあげなくちゃ!と恋愛モードになる女子は多いです。 でも実はあなたの恋は母性本能ではなくて、ストックホルム症候群という心理学上の病気?かもしれません。

4484
0

ストックホルム・シンドロームって何?

ストックホルム症候群は、精神医学用語のひとつで、誘拐事件や監禁事件などの被害者が、犯人と長時間閉鎖的な空間で過ごすような場合、犯人に対して同情や好意、連帯意識などの依存的な感情を抱くようになることを指すそうです。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)
具体的には、被害者が自分を誘拐、あるいは監禁した犯人に協力したり、かばうような行動をとるそうで、これは通常では理解しがたいかと思います。ただこれは犯人に自分の生死を握られているという特殊な状況下で、生き残るための当然の戦略であり、生命を守るための無意識の防衛反応だと言われています。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

『家庭内ストックホルム・シンドローム』とは?

岩月謙二・理学博士の著書では同様のことが家庭でも起き、家庭内ストックホルム・シンドロームと呼ぶ。

引用元:kanifkdlljdl.hatenadiary.jp(引用元へはこちらから)
子どもにとって、家庭は自分の居場所であり、親は自分の生存権を握っています。たまに事件になりますが、親が育児放棄すると、子どもは死んでしまいます。そのため、幼い娘は自分の父親がどんなにダメ男であっても、無意識のうちに父親のことを好きになろうと努力します。

引用元:kanifkdlljdl.hatenadiary.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

自分を疎んじる親に不満や憎しみを感じつつも、見捨てられたらどうしようかと恐怖心が芽生える。そこで無意識に親が気に入る「良い子」を演じてしまうようになる。これが『家庭内ストックホルム症候群』なんです。

引用元:magazine.gow.asia(引用元へはこちらから)
幼いころの習慣というのは、心にしっかり根付いており、大人になっても、父親そっくりのダメ人間こそ魅力的に見えるというプログラミングがなされているのが、家庭内ストックホルム症候群の恐ろしいところです。

引用元:netallica.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

女性の男運は父親で決まる?!

人間行動学者の岩月謙司氏は著書で「女性の男運は父親で決まる」と語っています。

引用元:magazine.gow.asia(引用元へはこちらから)
「性格リフォームの匠」と呼ばれる心理カウンセラーの心屋仁之助氏も、恋愛がうまくいかないという女性のカウンセリングでは必ず子どもの頃の親との関係を指摘します。

引用元:wedding.gnavi.co.jp(引用元へはこちらから)
父親とは、娘がはじめて直面する異性であり、両親は子どもにとっての「家庭観」そのもの。親と子の関係は、それだけ子どもの恋愛に深い影響を残すのです。

引用元:magazine.gow.asia(引用元へはこちらから)
良い父親なら娘に良いイメージをもたらすのですが、逆に女性にだらしなかったり、頑固で威圧的だったり、暴力を振るったり、ギャンブルで家庭を破壊したりと酷い父親であったとしても、娘は子どものときから生きるために父親を好きになろうと努力してしまいます。その結果、恐怖や憎しみや怒りなどの感情を包み隠す習慣がついてしまうのです。

引用元:news.ameba.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こうした状況で育った女性が大人になると、絶対に父に似た男だけは好きにならないと思っていても、知らず知らずのうちに父のような特質をもつ男を嗅ぎわけ、その男を好きになってしまうというのです。
自分の直感に従って行動すればするほど、ますます不幸な恋愛を繰り返すことになります。

引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)

3つ全て「Yes」なら『家庭内ストックホルム・シンドローム』の可能性あり?

【チェック項目】

1. 小さい頃は父親と仲が良かったが、思春期以降、父親のことが嫌いになった。

2. 両親の夫婦仲はあまりよくない。

3. 母親が父親のことを馬鹿にしている。もしくは悪口を言う。
引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)
上の3つ項目全て「Yes」という女性は、“家庭内ストックホルム症候群”にかかっており、父親とよく似たダメ男ばかり選んでいる可能性があります。

不倫をしたり、年の離れた男性と恋愛する女性の心理

スポンサーリンク

スポンサーリンク

包容力や人生経験から年の離れた男性を選ぶのは結構だが、大抵は「父性」を求めているだけ。

引用元:woman.mynavi.jp(引用元へはこちらから)
残念ながらたいがいは成功せず、泥沼の結末を迎えるのだが、原因は明白で、「求めているもの」と「選んだもの」が違うから。

引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
ポイントは3つで、まず1つは父親の代役を探しているだけで、相手を本当に愛していない点。2つめは自分が求めているのは父性だと理解していないこと。そして最後は、これらすべてを冷静に把握できていない点だ。

引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
同様に年の離れた彼氏と付き合って子供扱いされることは、ある意味で埋め合わせだろうが、わが子として扱われるのは別次元だから、満たされるはずがないのだ。

引用元:woman.mynavi.jp(引用元へはこちらから)

『不幸な恋愛スパイラル』から脱却するには、毎日とにかく「書く」こと

あなたは、父親のどういう性格が嫌いですか? そして、彼氏は、父親と同様の欠点を持っていませんか?自分の心に正直になって、現在および過去を分析してください。父親と彼氏の共通点が浮かび上がるのではないでしょうか。

引用元:kanifkdlljdl.hatenadiary.jp(引用元へはこちらから)
過去の父親との呪縛から恋愛だと錯覚しているだけで、本当はその男を好きなわけではないはず。それに気が付くため、好きになった男性のことを、毎日とにかく「書く」こと。(その人がどんな男で、何を言ってどんなことをしたか。自分はその男のどこに惹かれ、どこが好きなのかを書く)

引用元:kanifkdlljdl.hatenadiary.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

自分の内側を書き出すことで客観的に見つめ、自分の錯覚に気が付けば、呪縛から解放されるはずなのです。
引用元:kanifkdlljdl.hatenadiary.jp(引用元へはこちらから)
日記にその日の事実と感想を書き、3日後に見直すことで、自分の直感に歪みがないかどうか検証するという方法です。(3日後だけではなく、3か月後にももう一度見直すとさらに効果的です)

引用元:kanifkdlljdl.hatenadiary.jp(引用元へはこちらから)
この“3日後日記”を実践することで、事実をあるがままに正しく認識し、自分の深層にある気持ちをしっかり把握することができるので、“自分を不幸にする恋愛”にハマることを防ぐことができます。

引用元:kanifkdlljdl.hatenadiary.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者