2016年11月16日更新
恋愛依存症 恋愛 依存症

必ず治る!辛い「恋愛依存症」を克服する方法

恋愛依存症を克服する方法を知りたいという人ほど、なかなか抜け出すことができていません。 恋愛依存症を克服する方法をご紹介しますので、ぜひチェックしてみましょう。

2276
0

恋愛依存症とは

大切な相手と一緒にいて幸せなはずなのに常に不安がつきまとっていたり、相手の行動や考えをすべて自分が管理したいと思うようになってしまったり。最初のラブラブな時期にはお互いのこと以外は目に入らないためどちらかが依存していても気付きにくいですが、深みにはまってしまうとせっかくのお付き合いが泥沼化してしまうことも。


引用元:www.pairs.lv(引用元へはこちらから)

依存症からの克服方法

自信を持つ

メールの返信が遅い、LINEの返信が遅い=嫌われているかもしれない、と思っていませんか?嫌われているかも、迷惑がられているかも、なんて思って、「ごめん、迷惑だったよね」なんてメールをその後に送ったりしていませんか?


引用元:za-sh.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

これはNG行動です。交際当初は許される行動かもしれませんが、それが続くと本当に相手はあなたのことを面倒くさく思ってしまい、意図的に返信しなくなっていきます。


引用元:za-sh.com(引用元へはこちらから)

気持ちを押し付けない

「押してだめなら引いてみろ」と言うように、自分の感情ばかりを押し付けたり、求めていたりせずに気持ちに余裕を持って相手の出方を見るくらいの接し方を心掛けましょう。


引用元:www.renai-mission.com(引用元へはこちらから)
そして自分をしっかり持つことです。 余計な不安や心配を考えずに恋愛することです。相手も好きで選んでくれたわけですから自分に自身を持って恋愛すれば良いのです。



引用元:www.renai-mission.com(引用元へはこちらから)

オンとオフの切り替えをコントロールする

好きな人がいると周りが見えなくなってしまうタイプの人は、一緒にいない時間も頭の中は彼氏でいっぱいという人が多いようです。このようなタイプの人が恋愛依存症を克服するには、オンとオフのスイッチをうまく切り替えて自分自身をコントロールする必要があります。

引用元:motejo.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

仕事の時間は仕事に集中する。恋人とデートしているときは、デートを楽しむ。なかなかそれが出来ず、恋人のことばかり考えてしまうと恋愛依存症になりやすくなってしまいます。オンとオフのスイッチをうまく切り替えて楽しい恋愛を心がけましょう。

引用元:motejo.jp(引用元へはこちらから)

信頼できる友達に相談する

不安なキモチや心配ごとが絶えないのは、悩みを一人で抱え込んでいることが原因になっているかもしれません。
一人で考えているとネガティブな感情で支配されてしまい悪循環に陥ってしまうことも…。このままでは、冷静になって現状を把握して物事を解決するのはとても困難な状況になってしまいます。
そんなときは、心強い助っ人を呼びましょう
引用元:slism.net(引用元へはこちらから)
友達の立場からであれば、いま女性が置かれている状況を第三者目線で判断できるから、客観的な意見を貰うことができますよ。さらに、現状を打破するためのポジティブなアドバイスをもらうことができるかもしれません。

引用元:slism.net(引用元へはこちらから)

一人で何かを始めてみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

恋愛依存症に陥りやすい方の傾向として、物理的経済的自立が確立していない側面が見て取れます。あなたはひとりで自活されているでしょうか。あなたはご自身の仕事を持ち、生活をして、しかも金銭的なしっかりとしたプランをお持ちでしょうか。


引用元:venustap.jp(引用元へはこちらから)
もしひとりでは自立することがこれまでできなかったのであれば、是非とも物理的経済的自立を図る努力を始めてみることをお勧めします。


引用元:nayuta-ren-ai.seesaa.net(引用元へはこちらから)

自分ルールを作る

彼氏のことが気になってしようがないと感じるならば、ひとつのルールをあなたに課すことにします。それは、彼氏に対する要求のすべては、必ずあなたから行うということです。


引用元:nayuta-ren-ai.seesaa.net(引用元へはこちらから)
たとえば、いつでもどこにいても連絡を強要したいと思うのであれば、まずはあなたが、日々の行動を逐一報告することから始めることです。


引用元:nayuta-ren-ai.seesaa.net(引用元へはこちらから)

経済力をもつ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者