2016年07月13日更新
恋愛 恋愛心理

恋の仕方を忘れた人は必見!"ときめき"を蘇らせる習慣

ポジティブ女性たちが実践している、次の恋愛に踏み出しやすくなる習慣をご紹介します。 恋の仕方を思い出して下さいね♪

3781
0

きゅんとした恋愛漫画や小説を読む

昔でも良いですし、今気になっているものでも良いです。それを読んでみてください。恋愛のきゅんきゅんする気持ちを思い出せます。


引用元:ren-ai.jp(引用元へはこちらから)
ただ、ここで注意して欲しいのが、「恋愛って良いな!」と思う気持ちでとどめておくことです。

よくあるのが、「こんな恋したいなー! でも現実は……」と気持ちが落ち込んでしまうこと。なんのためにその恋愛本を読んだのかわからないです。気持ちをあげる目的ですので、「恋愛っていいな!」の気持ちで終わらせてくださいね。


引用元:ren-ai.jp(引用元へはこちらから)

カップルとお茶する

身近な女友達に彼氏を紹介してもらい、「二人はどこで出会ったの?」「今年のバレンタインはどうするの?」など質問をして、ノロケ話の聞き役に徹しましょう。「くぅ……羨ましい~」という嫉妬の気持ちは、「よーし、私も彼氏つくるぞ!」というヤル気へ転換すること。

引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ここで、別れる寸前の険悪ムードなカップルに話を聞くと、こちらが気まずくなるだけでなく、「やっぱり一人の方が気楽だわ」とネガティブ思考に拍車をかけるだけ。カップル選びは慎重にね。

引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)

美容室では好みの男性店員を指名する

ブラシで髪をとかしてもらったり、頭皮や髪の毛を優しくマッサージしながらシャンプーをしてもらう程度の触れ合いでも、脳内にオキシトシンというホルモンが分泌され恋愛感情に似た気分を味わうことができます。

引用元:slism.net(引用元へはこちらから)

「ときめき=きゅん!」だけではない

“ときめく”と聞くと、どうしても「あの人の笑顔にきゅん!」みたいなことになってしまいますが、私の著書『しあわせのはじまりはときめきから』で書いているのですが、ときめくことは心がプラスに動いているときを言います。


引用元:ren-ai.jp(引用元へはこちらから)
きゅん! としたときはもちろん、ドキドキ! ワクワク! 楽しかったり嬉しかったり、そんな気持ちを全て「ときめき」と考えてください。

ときめくことが恋愛としてしまうと、「恋愛できていない自分」というだけで、ときめく気持ちがフェードアウトしてしまいますので、恋愛をしたい人にはよくありません。


引用元:ren-ai.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

いつもと違う道を歩いてみる

仕事と家の行き帰りだけ、いつもと同じルートだと人はマンネリを覚えてしまい、感度が低くなってしまいます。
いつもと違う道を歩く事で新しい発見や新しい世界に飛び込んだ様な楽しい刺激が待っているもの。
ぜひ疲れると言わずに寄り道をしてみて!
引用元:beauty.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

カフェに通う

職場や学校など身近なところに恋愛対象になるオトコがいない場合は、カフェへ繰り出すことで不遇な現状を打破することが可能。
カフェは色々なタイプの男性と交流できる”恋愛修行道場”のような場所。そこで初対面の異性と会話をすることで、ときめきスキルがアップ!
素敵な男性を見つけたら『こんにちは』『また会いましたね』などと、短い挨拶をするだけでもドキドキ感を味わうことができます。
引用元:slism.net(引用元へはこちらから)

感謝の気持ちを伝える

スポンサーリンク

スポンサーリンク

親、友人、会社の仲間。
自分と関わる人達に感謝の気持ちを伝えましょう。

「いてくれてありがとう、してくれてありがとう」その発言がアナタにとって素晴らしい巡り合わせをもたらしてくれます。
恋に限らず全ての出逢いは人がもたらしてくれるもの。
まずは周りにいる人を大事にしましょう♡
引用元:beauty.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

手帳に書く!

ブログではありません、手帳に今日のときめきを書いていってください。何個でも良いです、あなたが少しでも、楽しかったことや可愛かったものを書いていってください。
引用元:ren-ai.jp(引用元へはこちらから)
ポイントは、一日1つは必ず書くことです! そうすることで、ときめくことを意識的に見つけようとしますので、ときめくことに敏感になってきます。

それに、手帳に書くことで毎日見ますよね。「あれ可愛かったなー(きゅん)」と、思い返すことで、気持ちを持続させられます。
引用元:ren-ai.jp(引用元へはこちらから)

花を飾る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

次のページ

まとめ作者