2018年12月03日更新
グルメ 山菜 北海道

通称アイヌネギとも呼ばれる北海道の山野の恵みの山菜☆行者にんにく

主に北海道の山に自生し、その独特の風味から、人気の山菜となっている、アイヌネギとも呼ばれる行者にんにくのご紹介。

3724
1

行者にんにくとは

ギョウジャニンニク(行者葫、学名:Allium victorialis subsp. platyphyllum)はネギ属の多年草。 北海道や近畿以北の亜高山地帯の針葉樹林、混合樹林帯の水湿地に群生しており、そのほとんどの繁殖地は国立公園などの自然保護区である。キトピロなどとも呼ばれる。
ギョウジャニンニクという名前の由来は、山にこもる修験道の行者が食べたことからとも、逆にこれを食べると滋養がつきすぎて修行にならないため、食べることを禁じられたからとも言われている。
キトビロ、ヤマビル(山蒜)またはヤマニンニクなどの別名がある。キトビロ(もしくはキトビル、キトピロ)がさらになまって、ヒトビロ、ヒトビルというような発音になることもある。また、北海道では、この植物を俗に「アイヌネギ」と呼ぶことがある。

出展:Youtube

行者にんにく 醤油漬け レシピ

ちょっとしたお菜や調味料としても使えるから便利。 イギリスではワイルドガーリックと呼ばれているみたいです。 調理時間も約5分と簡単です。

食べ方の数々

スポンサーリンク

スポンサーリンク

評判

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者