2018年01月13日更新
グルメ 野菜 クレソン

【グルメ】栄養豊富でおいしい最強野菜のクレソン

必須栄養素の含有量の割合が全野菜中おどろきの最高値を誇るため、俗に最強の野菜と称されるクレソンのご紹介。

1872
1

クレソンとは

画像を拡大

オランダガラシ(和蘭芥子)は水中または湿地に生育するアブラナ科の多年草。クレソン(フランス語:Cresson)またはクレス(cress)ともいう。てい藶(れき)ともいう。ヨーロッパから中央アジアの原産。学名としてはNasturtium officinale、N. nasturtium-aquaticum、N. aquaticum、Rorippa nasturtium-aquaticum(別属Rorippa に含める場合)が用いられる。

ヨーロッパ原産。北アメリカ、南アメリカ、アジア(日本を含む)、オセアニアに移入分布する。

出典:www.cropnet.jp
画像を拡大

日本には明治の初めに在留外国人用の野菜として導入されたのが最初とされている。外国人宣教師が伝道の際に日本各地に持って歩いた事で広く分布するに至ったと言われている。日本で最初に野生化したのは、東京上野のレストラン精養軒で料理に使われたもので、茎の断片が汚水と共に不忍池に流入し根付いたと伝えられている。現在では各地に自生し、比較的山間の河川の中流域にまで分布を伸ばしており、ごく普通に見ることができる。

出典:www.greentimes.co.jp
画像を拡大

半水生なので水耕栽培に向いており、特に弱アルカリ性の水でよく生育する。栽培すると高さ 50-120 cm にもなる。耐寒性は強く冷涼な気候を好む為、夏に水温が上がりすぎると弱る。
クレソンの都道府県別の生産量は、山梨県が最も多く、山梨県内のクレソン生産量の76%を占める道志村が出荷量全国第1位である。

出典:twitter.com
画像を拡大

ほかのアブラナ科植物と同じく、辛味(カラシ油配糖体)のシニグリンというワサビやダイコンなどと同じ抗菌性の物質が含まれる。食欲増進効果もある。また、ラットによる動物実験では、日常的な摂食は血圧上昇抑制および脂質代謝改善に有効であるとする報告がある。ホウレンソウやルッコラなどと共に香味野菜としてサラダまたは茹でて若い茎と葉が肉料理の付け合せになど用いられる。お浸し(芥子醤油など)、ごま和え、天婦羅、漬物、味噌汁の具、鍋物などにも利用できる。最近はスプラウト(種子から出たばかりの芽)としても利用されている。霜にあたったクレソンは、葉が赤黒くなるが味は甘みが増す。

出典:www.ybs.jp
出展:Youtube

【料理】無料で高級食材クレソンをゲットする

クレソンの正式名はオランダガラシです。オランダガラシは買うと高いですが、結構いろんな川で採取できるようです。おひたし、温野菜、野菜...

クレソン料理

スポンサーリンク

スポンサーリンク

画像を拡大

ほんのり苦味とううまみがあり、炒め物などにおいしいです。
肉類との相性がよく、共に用いられることも。

出典:cookingschool.jp
画像を拡大

ほんのり苦味が味をひきしめてくれるため、薬味的に炒め物、ソテーなどに添えられることも多いです。

出典:yasukuni0423.blogspot.com
画像を拡大

すりつぶしてスープでも美味。

出典:blog.goo.ne.jp
画像を拡大

パスタの具材にも。

出典:lovinami.wordpress.com

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者