2016年06月28日更新
美肌 ココナッツ オイル

ココナッツオイルって流行ってるけど、一体何に聞くの?いまさら聞けないココナッツオイルの効果

最近流行のココナッツオイルについて、今さら聞けない効果を確認しましょう。 ココナッツオイルの良さを知って、生活に取り入れよう!

2012
0

ココナッツオイルって何?

出典:teradiet.com
ミランダ・カーもココナッツオイルにはまっていますが、ココナッツオイルには種類があった

ミランダ・カーが使用しているのはヴァージンココナッツオイル
ココナッツオイルは、その名の通りココナッツから作られたオイル

ココナッツオイルとエキストラヴァージンココナッツオイルの2種類があった

ヴァージンココナッツオイルとココナッツオイルの違い

ヴァージンオイル

無精製、無添加、非加熱抽出をしているのが、いわゆるヴァージンココナッツオイル。生の果肉を無精製・無漂白で圧搾します。

Cold-Press法(低温圧搾法)を採用し、40℃以下の低温で圧搾しています。そのため、ココナッツの油分だけでなく酵素まで摂取することができます。
引用元:www.oil-coconut.net(引用元へはこちらから)
ヴァージンココナッツオイルは熱を加えないで食べる方法にすると酵素がそのまま採りやすい

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:item.rakuten.co.jp
ヴァージンココナッツオイル

精製ココナッツオイル

一般的な精製ココナッツオイルは、高温で作られ、漂白工程、脱臭工程を加えています。基本的には乾燥させたココナッツ果肉を使うことが多いようです。大量生産が可能である為、価格は安くなりますし、香りはほとんどありませんので、様々な料理にご利用いただけます。
引用元:www.oil-coconut.net(引用元へはこちらから)
価格が安く、熱を加えて摂取するものにはこちら
日本人には食べやすいのはこちらといわれている
出典:item.rakuten.co.jp
精製ココナッツオイル1瓶(500g ...

ココナッツオイルの効果

ダイエット効果

ココナッツオイルの主成分はもちろん脂肪。油脂の成分は「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」に分かれますが、ココナッツオイルが植物性油脂には珍しく飽和脂肪酸を多く含んでおり、その割合はなんと約9割を占めています。
引用元:www.oil-coconut.net(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

なぜ、オイルなのにココナッツオイルがダイエットによいかというと、ココナッツオイルは、コレステロールになりにくく、エネルギーの代謝を活発にする中鎖脂肪酸だからと言われています。
引用元:dietbook.biz(引用元へはこちらから)
長鎖脂肪酸の4倍の速さで吸収、10倍の速さでエネルギー代謝されるので体に蓄積されず、肥満の原因である中脂肪がつきにくいという特徴があります。

その上『中鎖脂肪酸』は燃焼に伴い、長鎖脂肪酸の燃焼を助け体脂肪の減少を促してくれる作用まであるのです。
引用元:www.beautynewstokyo.jp(引用元へはこちらから)
出典:www.virgincoconutoil.jp
そう!脂肪燃焼に効果がある
ココナッツオイル自身も身体に溜まりづらく、今身体の中にある脂肪の燃焼を助ける効果がある

美肌効果

トラブルから肌をまもる

このラウリン酸は、抗酸化力・抗菌力に優れ、抗炎症作用があって免疫力を強化してくれるという嬉しいメリットが。

抗菌力が高いということは、雑菌や細菌などの様々な外的要因から、肌を守ってくれるのです。
引用元:www.oil-coconut.net(引用元へはこちらから)
ニキビケア・傷口の治癒に

抗炎症作用があることから、ニキビなどの肌トラブルを速やかに改善へと導いてくれる効果も期待できます。

また、ココナッツを栽培する国では、切り傷や虫さされなどの万能皮膚薬としても利用されているそうです。
引用元:www.oil-coconut.net(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アトピーケア

免疫力を強化してくれるという効果からは、アトピー性皮膚炎にも効果がありそうです。

もともと、アトピー肌は、外的刺激に対する免疫力が低下しやすいため、ちょっとの刺激でも炎症やかゆみを起こしてしまうのです。その免疫力を高め、さらに炎症を抑えるというWの効果があるのですから、アトピーさんにとっては嬉しいことだらけと言えそうです。

引用元:www.oil-coconut.net(引用元へはこちらから)
出典:serumstyle41.com
ココナッツオイルの効能は認知 ...
肌を整える効果もあるから、美肌の助けにもなる

さらなる 効果

アルツハイマー病の予防にもなる
アルツハイマー病の根本的な原因は、脳がブドウ糖をうまく利用できず、エネルギーに変換できないため、脳細胞が飢餓状態になり、急激に老化をしてしまうことです。

脳には常に、ブドウ糖かケトンのどちらかが供給されていますが、アルツハイマー病になるとブドウ糖をエネルギーに変換できませんのでケトンのエネルギーを継続的に供給することが必要です。

ココナッツオイルに含まれる、中鎖脂肪酸トリグリセリドは、血糖値や食事中の炭水化物の量に関係なく、体内でケトンに変換されます。
引用元:www.coconutjapan.jp(引用元へはこちらから)
アルツハイマー病は、脳の神経細胞のエネルギー源「グルコース」が使えなくなり、脳が“ガス欠”になった状態。そのため、脳の働きが悪くなってしまうのです。

症状を緩和させる薬はあっても、現状症状の進行を止める有効な治療薬がないアルツハイマー病ですが、最近の研究では、神経細胞にはもうひとつのエネルギー源「ケトン体」があることがわかってきました。この「ケトン体」を作るのが中鎖脂肪酸。
引用元:www.oil-coconut.net(引用元へはこちらから)
生活習慣病にも効果がある

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者