2024年03月24日更新
働きがい 職場 調査

働きがいに関する調査・分析を行うGPTWが職場に対する意識の実態調査2023を実施!

仕事や職場に対する意識を年代別で分析! 仕事を通した成長を最も求めるのは50代女性! 一方で働きがいを職場に求めないのは…!?

559
0

職場に満足していない状況でも、すぐにアクションを起こす人は少数

 現在の職場に満足していると回答したのは、61.5%で、約40%が現在の職場に満足していないという。それに対して、今すぐにアクションを起こして転職したいと答えたのは10.5%にとどまったという結果でした。

成長意欲が最も高い世代は50代女性

 仕事を通して成長したいと考えている回答者の割合は60.5%、残りの約40%は仕事に成長を求めていないという結果に。特に全く思わない、あまり思わないと回答したのは、20代の男性が最も多く、46.8%。反対に50代女性が仕事を通して成長したいと考えている割合が66.6%と最も多いという結果となりました。

調査結果詳細

■あなたは、現在の職場にどの程度満足していますか。(単一回答/n=600/%)
出典:jocee.jp
■全体では、現在の職場に満足していると回答したのは、61.5%。年齢、男女別の結果をみると、男女の満足度の差が大きいのは3、40代が最も多く、特に30代では、現在の職場にとても「満足している」と回答した男性は13.8%。
対して女性は約半数の7.0%という結果となりました。また、職場に満足していないと回答した30代の男性は、31.0%。対して、同年代の女性は52.6%と20%以上の差がありました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

■あなたは、現在の職場を退職・転職することを検討していますか。(単一回答/n=600/%)
出典:jocee.jp
■全体的には、今すぐに退職・転職したいと検討しているのは10.5%。残りの89.5%はすぐに行動を起こすことを考えていない、という結果となりました。男女別の結果をみると、男性は、53.2%、女性は、65.4%が20代ですでに転職について考えているという結果となりました。
■あなたが勤めている職場では、有給を気兼ねなく自由に取得できる環境ですか。(単一回答/n=600/%)
出典:jocee.jp
■全体的に、気兼ねなく有休を取得できると感じているのは45.5%と半分を下回る結果となりました。20代男性は、同年代の女性と比較すると、有休を取得しやすいと感じている割合が23.2%も低く、男性は年代が上がるごとに「気兼ねなく取得できる」と回答する割合が増えていくのに対して、女性は50代で少し上がるものの、年齢が上がるごとに気兼ねなく有給を取得できるという回答が下がっています。
■あなたは、仕事を通して成長したいという思いはありますか。(単一回答/n=600/%)
出典:jocee.jp
■全体を見ると、仕事を通して成長したいと考えている割合は60.5%。残りの39.5%は仕事に成長を求めていないという結果となっています。性別、年齢別でみると、50代の女性が仕事を通して成長したいと考えている割合が66.6%と最も多く、反対に仕事を通して成長したいとあまり思わない、全く思わないと回答したのは、46.8%と20代の男性が最も多い結果となりました。
【補足データ】
「成長したいと思う」人の中で「成長できる環境だと思っている」人の割合(単一回答/n=363/%)
出典:jocee.jp
■「あなたは、仕事を通して成長したいという思いはありますか。」の質問に対し「とてもそう思う」「ややそう思う」と回答した363名のうち、「あなたが勤めている職場は、自分の意見や主張が聞いてもらえる環境だと思いますか。」の質問に対し「とてもそう思う」「ややそう思う」と回答した人の割合は70.8%となっている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【調査概要】

■調査目的
日本の働く人々の職場・仕事に対する意識の実態を明らかにすること

■調査期間
2023年2月3日 ~ 2023年2月6日

■調査対象
20~60代の働く男女
※性別は300名ずつの均等割り付け

■回答数
600名

■調査方法
インターネット調査

■調査内容
職場満足度、転職意向、有休の取得しやすさ、上司への認識、自社推奨度、
評価への納得感、成長意欲、成長できる環境か

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者