2016年08月20日更新
高学歴 恋愛 恋愛テク

以外に簡単!?「高学歴」な男性を落とすテクニック!

やっぱり結婚するなら少しでも稼ぎのいい高学歴男子のハートを射止めたいものですよね。 そこで今回は、高学歴男子をドキッとさせるコツをまとめてみました。

4092
0

積極的に自分の趣味の話をする

高学歴ゆえに教養レベルが高く、いろいろな分野に精通している男性は、スポーツや音楽、絵画など多趣味な場合が多いもの。
よく頭のいい男性が『え!?○○さんってこんなことまでできるんですか!?』と女性陣を驚かしているのは、こんな理由があるからなんですね。
引用元:slism.net(引用元へはこちらから)
もちろん、中には『勉強一筋で趣味なんてない!』といったタイプも多いのですが、『自分の知らない世界』には興味シンシンな場合も!
共通の趣味ではなくても、彼も知らないようなディープな話ができれば『それ面白そう!』と興味を持ってくれるかもしれませんね
自分の学歴に自信がなく『知的な会話ができないけど楽しんでもらえるかな…』と不安な場合は、自分の趣味や特技など、自信を持って話せる話題を選ぶ方が無難です。
引用元:slism.net(引用元へはこちらから)

言葉づかいには気をつける

プライドの高い「高学歴男子」に対しては、言葉遣いには気をつけましょう。

そこまで仲良くもないのに、偏に打ち解け過ぎた言葉や、

語などは、好意を持ってもらえません。


また、どちらかというと「知的な女性」を好む傾向がある彼らなので、

一般的に魅力的だと言われる「おバカキャラ」を演じるのも

「高学歴男子」には効果がありません。

「自分はあまり頭がよくない」と自覚している女子の方は

彼らの前では「沈黙」をもって知的な雰囲気でアピールしてみましょう。
引用元:joshiryoku.blog.so-net.ne.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

協調性を出す

主体性はありつつも、相手の考えを立てる協調性も本命彼女には大切な要素。相手に紹介しても恥ずかしくない程度の協調性がある人を本命にしたいそう。わがままも男性にとってはかわいいと捉えられることもあるようですが、そんな即物的なかわいさなら、本命ではなく他の女性で十分なようですよ。

引用元:mdpr.jp(引用元へはこちらから)

失敗を受け入れる

高学歴男子の弱点は、失敗や挫折に慣れていないこと。地道な努力と引き換えにいつも周囲から「さすがだね」「すごいね」と評価されてきた彼らは「どうしてこんなものできないんだ!」なんて上司のキツい言葉をどうやって受け止めたらよいのか分からないといいます。落ち込んでいるカレを見かけたら、優しい言葉でココロの傷を癒してあげるのがポイントですよ。


引用元:koigaku.machicon.jp(引用元へはこちらから)

女心を押しつけず論理的に向き合う

スポンサーリンク

スポンサーリンク

物事を理屈で考えることに慣れている高学歴男子ですが、他人の感情を汲み取るのは大の苦手…というケースも珍しくありません。

女性の一方的な思いやりやさりげない優しさは、物事を論理的に考えるカレには上手く伝わらないことも。

そこで無理に自分の気持ちを押し付けると、理屈で考える男性にはかなりウザったく思われてしまいます。

引用元:slism.net(引用元へはこちらから)
『頭がイイんだから、なんでも理解してくれるハズ!』という身勝手な考えは捨てること。今後カレへの告白を考える場合も、ストレートな言葉が一番カレの心に響きますよ!

引用元:slism.net(引用元へはこちらから)

解決欲求を満たしてあげる

高学歴男子は、問題を解決するのが大好きな生き物です。

そんな特性を活かし、問題を解決させてあげることで、解決欲求を満たしてあげることができます。

相談を持ちかける際は、
「尊敬している~~さんだから相談したんだ」
と自尊心をくすぐることも忘れないようにしましょう。

引用元:omoi-todoku.com(引用元へはこちらから)

悩みを打ち明けてみる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「高学歴男子」というだけあって、色々な事に対する解決策は豊富に持っているでしょう。

自分の悩みを打ち明けてみると、

その得意の知識の豊富さから色々な解決策を提示してくれるでしょう。

プライドも刺激されるので一石二鳥なのです。
引用元:joshiryoku.blog.so-net.ne.jp(引用元へはこちらから)
「高学歴男子」というだけあって、色々な事に対する解決策は豊富に持っているでしょう。

自分の悩みを打ち明けてみると、

その得意の知識の豊富さから色々な解決策を提示してくれるでしょう。

プライドも刺激されるので一石二鳥なのです。
引用元:joshiryoku.blog.so-net.ne.jp(引用元へはこちらから)

何かに没頭する姿を見せる

どんなに小さなことでも努力を惜しまない高学歴男子にとって、何かに没頭する女性の姿はとっても魅力的に映るんだとか。図書館デートやフェス、演奏会など、文化的でちょっぴり背伸びしたデートを企画して、あなたの意外な一面を披露してみてはいかがですか? ふたりの距離が急接近すること間違いなしですよ。


引用元:koigaku.machicon.jp(引用元へはこちらから)

彼の興味を引きそうな話をする

なにしろ知識に魅力を感じる彼らですから、

彼らが知らないような「新しい知識」を教えてあげると、

興味深く聞いてくれることでしょう。
引用元:joshiryoku.blog.so-net.ne.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者