2024年06月15日更新
平安時代 光る君へ 大河ドラマ

光る君を見ていて平安時代の家に壁がない理由はなんだろう、夏は熱中症にならなくて済みそうだなあと思った

平安時代の家に壁がない理由は、風通しを良くするためや、季節ごとに家の構造を変えるためだったんだよね。自然と調和した生活が大事だったんだ。

39
0

●風通しを良くする工夫

平安時代の家には壁がなく、開放的な造りだったんだ。これには風通しを良くするという大きな理由があるよ。暑い夏でも風が家の中を通り抜けることで、涼しく過ごせるように工夫されていたんだ。また、自然の風景を楽しむためにも、この開放的な構造が役立っていたんだよ。

●光る君への後編のガイドブック

●季節ごとに変える家の構造

さらに、平安時代の家は季節ごとに構造を変えることができたんだ。障子や襖を使って部屋を仕切ったり、取り外したりすることで、冬は寒さを防ぎ、夏は涼しさを取り入れるようにしていたんだよ。これによって、四季折々の気候に対応しやすい住まいになっていたんだ。自然と調和した生活を重視していた平安時代の人々の知恵が感じられるね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者