2024年06月10日更新
JO1 河野純喜 あの子の子ども

JO1河野純喜、連続ドラマ初出演「あの子の子ども」で一途な高校生役に挑戦

人気グループJO1の河野純喜が、6月25日スタートのカンテレ・フジテレビ系ドラマ「あの子の子ども」に出演。高校生の妊娠をテーマにした作品で、一途なクラスメイト役を演じます。ドラマへの意気込みやメンバーからのアドバイス、共演者とのエピソードなどを語りました。

26
0

JO1河野純喜、連続ドラマ初出演!「あの子の子ども」で一途な高校生役に挑戦

人気ボーイズグループJO1の河野純喜が、6月25日からスタートするカンテレ・フジテレビ系ドラマ「あの子の子ども」に出演することが発表されました。

「あの子の子ども」は、講談社漫画賞を受賞した蒼井まもるの同名少女漫画を原作とするドラマです。高校生の妊娠というセンシティブなテーマを扱い、妊娠によって日常が大きく変わってしまった高校2年生のカップルの姿を描きます。主演は桜田ひよりと細田佳央太が務め、河野は、主人公のクラスメイトで、一途に矢沢望(茅島みずき)を想い続ける飯田智宏役を演じます。

河野は、本作が地上波連続ドラマ初出演となります。
JO1河野純喜のドラマ初出演は、グループのファンのみならず、多くの視聴者を魅了するのではないかと期待されます。これまで見せてきたアイドルとしての姿とはまた異なる、俳優としての河野純喜の姿に注目が集まります。

「あの子の子ども」は、繊細なテーマを扱いながらも、登場人物たちの心の機微や成長を描いた作品とのこと。河野が演じる飯田智宏は、一見、明るくムードメーカーな役柄ですが、その裏に隠された複雑な感情や葛藤が、物語に深みを与えてくれるでしょう。河野は、役柄について「役を考えるというより、役を考えない、新しい感覚で演じている」とコメントしており、彼の柔軟な発想力と演技力によって、新たな魅力を引き出すことが期待できます。

さらに、メンバーからのアドバイスや共演者との良好な関係性など、現場の雰囲気の良さを感じられるエピソードも印象的でした。メンバーからのサポートは、河野にとって心強い励みになっていることでしょう。そして、共演者との良好な関係性は、自然な演技を生み出す上で重要な要素となります。

「あの子の子ども」は、河野純喜にとって新たな挑戦となるドラマです。彼の演技力はもちろんのこと、作品全体のテーマやメッセージ性にも注目が集まります。このドラマを通して、河野純喜が俳優としても大きく成長していくことを期待したいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者