2024年03月20日更新
脱毛 脱毛器 授乳中

授乳中に家庭用脱毛器は使えるか?

脱毛サロンに通っている方ならご存知かもしれませんが、妊娠中、産後の脱毛は断られることが多いです。ですが、家庭用脱毛器ならば、妊娠中や産後でも脱毛をすることができますよ。

4077
0

妊娠中、産後の脱毛はなぜ断られる?

サロンの脱毛では、妊娠中の方や、産後まもない授乳中の方の施術をお断りしています。その大きな理由は、ホルモンが整っていないためです。ホルモンが安定しないうちに脱毛を行っても、良い脱毛効果が得られないことがありますので、よりよい脱毛効果を発揮するために、ホルモンが安定してくる、授乳期の終わり頃からの脱毛の再開を勧めています。また、妊婦の場合は、急な体調の変化も多く、不測の事態に対応できないことが、脱毛を断る理由です。
何もせず放置するとなると、またムダ毛がどんどん生えてきそうで今から不安です。
引用元:www.datsumouki-kuchikomi.biz(引用元へはこちらから)

妊娠中~産後のムダ毛事情

サロンで脱毛を断られるけれど、妊娠中こそ脱毛をしたい衝動にかられますよね。それもそのはず、妊娠中の体毛はホルモンの働きによって、どんどん濃くなってしまうのです。カミソリで毎日処理しても追い付かないという方もいらっしゃいます。家庭用脱毛器で、少しでも毛の悩みを解決できたら嬉しいですよね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

妊娠中や産後の脱毛が与える体への影響は?

妊娠中の脱毛が母体や胎児に影響を与えることを心配する方もいるかもしれませんが、フラッシュ脱毛の光は波長の短い物なので、体の内部まで届くといったことはありません。そのため、妊娠中や産後に脱毛を行っても何も心配することはありませんし、家庭用脱毛器なら、自分で脱毛をすることが可能です。しかし、心配なのは、体を冷やすということです。妊娠中はとくに、冷やすことによってお腹が張ることもあるので、注意が必要です。室温などに気を払い、身体を冷やさないように気を付けましょう。特にお腹付近を冷やしすぎるのは禁物です。

妊娠中のお肌はとっても敏感!

お肌が荒れることも全くなく、お肌の強さには自信がある!という方でも、妊娠中のお肌はとても敏感になることがあります。カミソリ負けをしやすくなったり、いつも使っている化粧品がお肌に合わなくなったりすることも・・・。
脱毛後には、保湿ケアが必要ですが、それによってお肌が荒れたり、脱毛の赤みが酷くなったりすることもあるので注意しましょう。

体調の良い時に行うと良い

家庭用脱毛器自体は、妊婦や産後の身体にも安全に使用できるものですが、使用途中に体調が悪くなることも考えられます。無理な体勢を取ったり、お腹を冷やしたりするので、万全でない体調での脱毛は禁物です。体調の良い時に行い、体調が悪くなったら中断するようにしましょう。こうして、自分の体調やスケジュール合わせて自由に脱毛できるのも家庭用脱毛器のメリットですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者