2024年03月24日更新
ネイルサロン NG 迷惑

こんなことに注意!ネイリストに嫌がられるNG行動

美しく手入れされたネイルは、髪と同様に、女性に活力を与えてくれますよね。 ネイルサロンは、今ではすっかり私たち女性にとって、生活の一部となりました。そんなネイルサロンでも、やってはいけないタブーがあるのはご存知でしたか? 今回は、ネイルサロンでのNG行動をお伝えします。

1428
0

ネイルサロンに行く前についやっちゃうNG行為

予約したら時間厳守で

うーん、私がサロンとスクール併設のところでは15分が最大ですですね
ただし簡単な物しかする事ができないです
引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)
通常でもキャンセル扱いです。次のお客様を何十分もお待たせしてしまうことになりますから。

引用元:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

自分で“オフ処理”や“甘皮処理”

ジェルやスカルプネイルの場合、オフする作業もかなり時間がかかりますよね。オフ料金がかかるネイルサロンも多く、時間と料金共に節約できることから、自分でオフ処理をしてくるお客様もいらっしゃるそうです。

引用元:www.biranger.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネイルの知識があり、爪に負担をかけない処理ならばよいのですが、自己処理のほとんどの方が自爪を傷めてしまっているようです。

従来のネイルサロンでのオフ方法は、アセトンと呼ばれるリムーバーで時間をかけて落としていきます。

しかし、自己処理の方は落としきれないジェルやスカルプを無理矢理削ってしまうことが多く、その結果、自爪が薄くなりペラペラ状態な方も少なくないそう。
引用元:www.biranger.jp(引用元へはこちらから)
同様に、甘皮処理も深くまで処理し過ぎて切れていたり、血がにじんでしまっているケースもあるようです。自爪の健康のためにも、プロにお任せするようにしましょう。

引用元:www.biranger.jp(引用元へはこちらから)

ネイルの施術中に気をつけたいNG行動

話をしながら、“手”まで動いちゃう
引用元:www.biranger.jp(引用元へはこちらから)
施術中のネイリストさんとのガールズトークも、ネイルサロンならではの醍醐味といえるでしょう。

しかし、話が盛り上がったり、頷くのと同時に“手”をついつい動かしたりしちゃう人は、繊細なアートを担当するネイリストさんからすると、とても困ってしまうそうです。

楽しい話は大歓迎!なので、手だけ意識して気をつけながら話をするようにしましょうね。
優柔不断でなかなか色やアートが決まらない
引用元:gw.tv(引用元へはこちらから)
余裕をもってサロン側も対応していると思いますが、いつまで経ってもネイルが決まらないと施術できないコースも出てきます。せっかく予約しているのですから、行く前にこんな色でこんなデザインにしたいや雑誌の切り抜き等を持参して大まかなネイルデザインが決まっていると自分のためにもいいです。
難しいキャラクターアートの注文
引用元:www.biranger.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

細かく難しいキャラクターの場合、ネイリストさんは事前にウェブ上でキャラクター画像をプリントアウトし、どんな表情、ポーズのキャラクターが好みか、お客様と相談して決めるそうです。難易度の高いキャラクターを注文するときは、予約時の電話で伝えておくと当日の作業がスムーズに運ぶようです。また、時間を多く取ってもらえるなどのメリットもあります。
仕上がり目前でやり直し
引用元:blog.livedoor.jp(引用元へはこちらから)
仕上がり目前になって「やっぱり雰囲気と違うから、やり直して欲しい」という“後出し意見”はかなり迷惑。次の予約が詰まっている場合には、他のお客様にまで迷惑をかけてしまうことになります。
発色が思っていたのと違う、ストーンが大きすぎるなど、気になることがあった際には、その都度ネイリストさんに伝えて確認し合いましょう。

ネイルサロンデビューも怖くない!大まかなネイルサロンの流れ

誰でも最初は緊張!

でも流れを知ってれば安心♪
サロンによってコース内容や料金等は変わってきますが
大まかな流れとだいたいのコース別にかかる時間等をご紹介。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

施術時間の目安
引用元:nanapi.jp(引用元へはこちらから)
時間はあくまでも目安です。当日は時間に余裕を持って行動しましょう
オフする必要があるときは30分〜1時間くらい余計に時間がかかると思っていたほうが賢明です。
・ジェルネイル(長さを出さないもの)約60分~90分
・ジェルネイル(長さを出すもの)約90分~150分
・スカルプチュア約120分~150分
行く前に予約を行うことが一般的
引用元:www.perwarisan.com(引用元へはこちらから)
美容院等と同じです。大抵のところで電話予約を行っていますが、最近ではメール予約にも対応しているところも急増しています。

サロン到着!

席についたらカルテ記入・同意書の記入

引用元:nail-kirei.info(引用元へはこちらから)
カルテは、爪の状態や生活リズムなど、お客さまの希望に合ったメニューや、素材を選んでいく大切なコミュニケーションツールです。なので、できるだけ正直に記入しましょう。
施術に入る前にトイレに行っておく
引用元:blog.livedoor.jp(引用元へはこちらから)

いよいよ施術開始

スポンサーリンク

スポンサーリンク

施術中ももちろん行く事は可能ですが、施術の工程によってはすぐに行けない場合もありますので、ギリギリまでガマンするのは危険です。できればこのタイミングで行っておきたいですね。
施術中の携帯電話の使用について
引用元:blog.livedoor.jp(引用元へはこちらから)
施術中の携帯電話の使用は、サロンによっては可能なところもありますが、あまりおすすめはできません。マナーとして、電源は切っておいた方が良いでしょう。同様にゲーム機などもネイル施術中は不向きです。
途中で希望と違うことに気づいた!
引用元:nanapi.jp(引用元へはこちらから)
気づいた時点で早めにネイリストへ申告して下さい。施術が進んでしまうと、やりなおしがきかない場合があります。外してやりなおしなどになると、追加料金が発生する場合があります。

最後に仕上がったら、
全ての爪を確認して、気になるところがあればすぐに申告してください。お店を一歩でも出てしまうと、やり直しに料金が発生する場合もあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者