2024年03月20日更新
恋愛 友達 彼氏

気をつけよう!あなたの恋路を邪魔する女友達の特徴

恋愛の相談をしたり、ときには愚痴を聞いてもらったり……。女友だちは恋愛の強い味方と思いがちですが、人によってはその真逆で妨げとなる場合もあります。こんなタイプの女子には気をつけて!

15434
0

要注意!友達の彼氏を奪う女の特徴

友達の彼氏は、本来ならはじめから恋愛対象外の存在。常識的な女性なら、距離を置いて接しますよね。でも、なかには人のものばっかり欲しくなってしまう女性もいるのです。

今回は、友達の彼氏を奪う「横取り女」の特徴をまとめてみました。要注意ですよ!
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

激しいコンプレックスがある

「横取り女」は激しいコンプレックスを持っていて、自分に自信がありません。コンプレックスの内容は、容姿や能力、育ちなど多岐にわたります。そしてコンプレックスによる自信のなさを、「横取り女」は優越感を得ることによって埋めようとします。

引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
しかし、何事につけ自信がない彼女が優越感を得られる方法は限られています。「友達の彼氏を奪う」ということは、「横取り女」にとって数少ない「優越感を得る方法」なのです。

引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「別れた方がいいと思う」と言ってくる

「自分のノロケ話は一方的にしてくるのに、私が恋バナをすると明らかにテンションが低くなって、私の彼のちょっとした欠点を取り上げては“別れた方がいいと思う”と言ってくる友達がいた。
さすがに頭にきて、最近はその友達に一切、恋バナはしていない」(22歳/学生)
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
自分の幸せは認めて欲しいけど、友達の幸せは認められない、なんて嫉妬深い女性ですよね。

その友達によほどの相談をしたのならわかりますが、ただの恋バナに対して“別れた方がいいと思う”とまで言うことはないと思います。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
嫉妬心から恋人との関係を壊される危険性もあるため、こういう友達に恋バナをするのはやめた方がいいでしょう。

引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

お姫様体質

「自分のものは自分のもの、人のものも自分のもの」と全部独り占めしたいと思うのが「横取り女」。

引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

大人になりきれておらず、子供のままなので、欲求が満たされなければ泣いてわめいて手に入れようとします。ときには、権力のある誰かに言いつけたりすることも。

引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

人のものを欲しくなる

他人の幸せを奪う女の最たる悪行(?)が、彼氏や好きな人を奪うというものです。女友達に好きな人の相談をしていたら、いつの間にかその女と好きな人が付き合うことになっていたなんて、意外と良くある話です。お気に入りのものを真似された、なんて可愛いものですよ!


引用元:ren-ai.jp(引用元へはこちらから)

平気で友達を売る

合コンなどの席で、自分以外の女をライバル視し、蹴落とそうとしてくる女は要注意! 「いつもはすっぴんで眉毛もボサボサなのに、今日はメイクもバッチリで張り切ってるねー!」なんてジョブは普通に打ってきます。


引用元:ren-ai.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

“自分の印象さえ良ければいい”と考えている女は、平気で自分の友達を安売りします。友達と一緒に合コンに行っておいて、それをその友達の彼氏に告げ口する、なんて悪いバーゲン女もいますからね。恐ろしいです。


引用元:ren-ai.jp(引用元へはこちらから)

秘密ごとが多い

「横取り女」は誰にも言えない秘密事を多く抱えているために、孤独を感じることが多いようです。そういった孤独から逃れるために、「横取り」というハプニングを起こして、とにかく人の気をひき、注目されようとするのです。

引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
秘密でもなんでもさらけ出せる相手がいれば、歪んだ方法で人の気をひこうとすることもなくなるはずなのが・・・。

引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

人の不幸がエネルギー女

彼氏とうまくいっていないときに、恋愛相談などに熱心に乗ってくれる人はいないでしょうか? 「心配してくれて優しい」という印象を持っているかもしれません。しかし、そう思ったときはもう相手の罠にかかってしまっています。


引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)
このタイプはとにかく“人の不幸”が聞きたいだけ。心配しているフリをして、“不幸”という美味しい蜜が吸いたいだけなのです。

なので、前向きなアドバイスはしてくれません。あなたの恋を静かに停滞させます。
引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

気に入った男子の悪口を言ってくる

あなたが気に入った男子の悪口を言ってくる女子には、気をつけた方がいいかもしれませんね。

引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)
ひどい男子に引っかからないように忠告してくれるならともかく、合コンで出会ったほぼ初対面の男子を勝手にジャッジして悪口を言うのは、あなたの恋の進展を邪魔しているのと同じ。

引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)

恋愛に対してとても悲観的

「私の友達にいつも“ロクな男がいない”“残っているのはカスばかり”と恋愛や男子に対してとにかく悲観的な子がいる。
前向きに出会いを求めている私からしたら、彼女の話は聞いていてうんざりするものばかりだったから距離を置くことにした」(29歳/経営者)

恋を求めて行動しているときに、このような女友達がいると足を引っ張られてしまいそうです。
引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)
恋愛や男子に対してネガティブなのは勝手ですが、それを友達に言ってしまうところが友達思いではありませんよね。
ネガティブな思考がうつる前に距離を置いた方がいいタイプだと言えますよ。

引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)

口が軽い

スポンサーリンク

スポンサーリンク

当然といえば当然ですが、口が軽い女に秘密を話すのは危険です。「ココだけの話」にしておきたかったはずが、あっという間に“拡散”してしまうことは間違いありません。

引用元:ure.pia.co.jp(引用元へはこちらから)
そんな口の軽い女の特徴は、秘密を話している途中に話を遮ること。彼女たちは「それって噂話? 私、口固いから誰にも言わないよ!」とわざとらしいくらいに、話し手を安心させようとします。

引用元:ure.pia.co.jp(引用元へはこちらから)
打ち明け話の途中で「私口固いから安心して」アピールをする女には、絶対に秘密を話してはダメ!

引用元:ure.pia.co.jp(引用元へはこちらから)

愛情独占女

どこに行くにもいつも一緒で、常に仲のいい友人。あなたはひょっとしたらそういう人を“親友”と思っているかもしれません。ですが、その人が“愛情独占女”である可能性を一度考えてみる必要があります。


引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)
“愛情独占女”はひとりの人間を独占することで満足を得ます。相手からの友情を一心に浴びることが快感なのです。それを阻むような存在、例えば彼氏ができそうなときに、“愛情独占女”はひっそりとうまくいかないように仕向けます。


引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)

自分の彼氏と比較してくる

「すごく嫌な気分になって縁を切った友達がいるんだけど、その子は事あるごとに自分の彼氏と私の彼氏を比較して、自分の彼がいかに優れているのか語ってきてウザかった。
そういう話ばかりされると、いつの間にか、自分の彼氏に魅力がないように思えてしまうから危険だよ」(27歳/輸入販売)
引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

会う頻度の高い友達にお互いの彼氏を比較され続けると、だんだん洗脳されていき、自分の彼氏に魅力がないように思えてきてしまうのも不思議ではありません。

引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)
でも、よくよく考えてみると、彼氏同士を比較すること自体がナンセンス。こんな話をしてくる友達とは縁を切って正解でしょう。

引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)

利用してポイ女

「友人を紹介してほしい」と言ってくる人がいたら要注意です。単純に「交友関係を広げたいのだろう」と思うと痛い目に合います。


引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)
その人が欲しいのはあなたの“人脈”。すべてを損得で考え、利用するだけ利用してはポイ捨て。別れ際に友人関係を壊していく危険性もあります。

こういう人と一緒にいても得るものはないので、すぐに距離を置くべきです。
引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)

依存体質

依存体質の女は、同性受けは悪いのですが、異性受けします。甘えたり、媚びたりするのは、自分がないからなのですが、それを「かわいい」と思う男性が一定数いるのもまた事実。

引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者