「オホーツクに消ゆ」リメイク版が進化!便利な新機能でさらに没入感アップ!

伝説の推理アドベンチャーゲーム「北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ」のリメイク版が、新機能満載で2024年9月12日に発売決定!捜査メモや人物相関図、捜査マップなど、遊びやすさが大幅に向上。さらに、ファミコン版も収録され、当時を懐かしむファンも必見です。

304
0

「オホーツクに消ゆ」リメイク版が進化!便利な新機能でさらに没入感アップ!

あの衝撃的な名作推理アドベンチャーゲーム「北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ」が、待望のリメイク版としてNintendo Switch™とSteam®に登場!2024年9月12日に発売される本作は、ファミコン版の良さをそのままに、現代のゲームプレイに合わせた新機能が追加され、より快適に、そして深くゲームの世界に没入できるようになっています。

今回のリメイク版では、プレイヤーの利便性を大幅に向上させる新機能が実装されています。まず、注目すべきは「捜査メモ」機能です。ファミコン版ではパスワードによるセーブでしたが、リメイク版では好きなタイミングでセーブが可能となり、さらにオートセーブ機能も搭載されているので、セーブ忘れによるゲームオーバーの心配もありません。

また、登場人物たちの関係性をひと目で理解できる「人物相関図」も新機能として追加されました。登場人物一覧や関係性を図示することで、物語の理解を深め、複雑な人間関係を把握しやすくなります。さらに、人物アイコンを選択すると詳細な説明が表示されるので、キャラクターの背景や動機などを詳しく知ることができます。

ゲームの世界観をより深く理解するためには、「捜査マップ」も欠かせません。物語が進むにつれて、北海道のマップが徐々に解放されていき、各地についての説明や「オホーツク一口メモ」などの豆知識が掲載されます。これにより、ゲームの世界観にどっぷりと浸かり、オホーツク地方の魅力を存分に味わえます。

さらに、捜査を進めていく中で見つけることができる「記憶のかけら」を集めると、特別なご褒美が手に入るとのこと。一体どんなご褒美が待ち受けているのか、ぜひゲームで確かめてみてください。

ゲームプレイをよりスムーズにするための機能も充実しています。ファミコン版では手動で一桁ずつ入力していた電話番号も、リメイク版では電話をかけたい場所を選択するだけで自動入力されます。もちろん、従来通り手動入力も可能なので、あえて間違い電話をかけてみるのも面白いかもしれません。

また、一度読んだテキストは黄色で表示されるようになり、ストーリーを読み返す際に、どの部分を読んだのかが一目でわかるようになりました。これにより、ストーリーをよりスムーズに理解し、勘違いなく楽しむことができます。さらに、ダンジョン探索ではオートマッピング機能が搭載され、迷うことなく探索できます。

これらの新機能に加え、他にも多くの新要素が追加されているとのこと。詳細はぜひプレイして確かめてください!

リメイク版「オホーツクに消ゆ」は、伝説の開発陣と豪華声優陣によって、不朽の名作が完全リニューアルされました。さらに、堀井雄二氏監修の完全新作ストーリーも収録されており、事件のその後を描いた新たな物語が展開されます。

ファミコン版「オホーツクに消ゆ」を懐かしむプレイヤーも、初めてプレイするプレイヤーも、この機会にぜひ「北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ ~追憶の流氷・涙のニポポ人形~」をプレイしてみてはいかがでしょうか。
「北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ」のリメイク版は、単なるグラフィックの向上だけでなく、ゲームプレイの快適性と没入感を高めるための新機能が満載でした。特に、捜査メモ、人物相関図、捜査マップといった機能は、ゲームの世界観を理解し、ストーリーに深く関わる上で非常に役立ちます。これらの機能によって、プレイヤーはゲームに没頭し、事件の真相に迫る過程をより深く楽しむことができるでしょう。

また、ファミコン版「オホーツクに消ゆ」が収録されているのも嬉しいポイントです。当時を懐かしむプレイヤーにとっては、リメイク版と見比べることで、ゲームの進化を感じることができるでしょう。さらに、新規プレイヤーにとっても、ファミコン版をプレイすることで、リメイク版の進化をより実感できると思います。

「北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ ~追憶の流氷・涙のニポポ人形~」は、原作の世界観を継承しながらも、現代のゲームプレイに合わせた進化を遂げた作品です。オリジナル版のファンはもちろん、推理アドベンチャーゲームが好きな人なら誰でも楽しめる作品と言えるでしょう。
出典:株式会社ジー・モード
出典:株式会社ジー・モード
出典:株式会社ジー・モード
出典:株式会社ジー・モード

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:株式会社ジー・モード
出典:株式会社ジー・モード
出典:株式会社ジー・モード
出典:株式会社ジー・モード
出典:株式会社ジー・モード
出典:株式会社ジー・モード
出典:株式会社ジー・モード
出典:株式会社ジー・モード

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:株式会社ジー・モード
出典:株式会社ジー・モード
出典:株式会社ジー・モード
出典:株式会社ジー・モード
出典:株式会社ジー・モード
出典:株式会社ジー・モード
出典:株式会社ジー・モード

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:株式会社ジー・モード

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者