モンテッソーリ教育で学ぶ、子どもの「寝る力」を育む絵本

モンテッソーリ教育を取り入れた絵本『おやすみなさい』が発売。寝かしつけに悩む保護者必見!子どもの自然な入眠を促す方法や、親のかかわり方を優しく丁寧に解説。モンテッソーリ教育の考え方を通して、子どもの「寝る力」を育むヒントが満載です。

92
0

モンテッソーリ教育で学ぶ、子どもの「寝る力」を育む絵本

「寝かしつけに時間がかかる」「抱っこしないと寝てくれない」「寝る時間になると遊び始めてしまう」など、多くの保護者が経験する寝かしつけの悩み。モンテッソーリ教育を取り入れた絵本『おやすみなさい』は、そんな悩みを解決するヒントが満載です。

本書は、モンテッソーリ教育に基づき、子どもが自然に眠りにつけるようサポートする内容となっています。モンテッソーリ教育では、子どもが本来持っている能力を引き出すことを重視し、ねんねに関しても、適切な環境と発達段階に応じた関わり方を大切にする考え方が根底にあります。

絵本では、夜寝るまでの流れを、優しいイラストで丁寧に描いています。お子様は、絵本を通して、寝る前の準備や布団に入る動作、そして眠りにつくプロセスを自然と理解することができます。一方、保護者の方には、モンテッソーリ教育に基づいた、子どもへの適切な関わり方や声かけの仕方がわかります。

モンテッソーリ園では、保育士が子どもを寝かしつけるのではなく、子ども自身が「眠いな」と感じたら、自分で布団に入り、午睡をとるのだそうです。これは、子どもを放置しているのではなく、自分で寝る力を育む環境が整っているからこそ。本書は、そんなモンテッソーリ教育の理念に基づき、子どもが自ら眠りにつけるようになるためのプロセスを、わかりやすく解説しています。

『おやすみなさい』は、子どもが安心して眠りにつけるだけでなく、保護者の方にとっても、寝かしつけに対する不安やストレスを軽減する効果が期待できます。モンテッソーリ教育に興味がある方、寝かしつけに悩んでいる方は、ぜひ本書を手に取ってみてください。
『おやすみなさい』を読んだ感想としては、モンテッソーリ教育の考え方を実践的に取り入れやすい内容だと感じました。絵本のイラストも優しく、子どもが安心して読める雰囲気で、親子のコミュニケーションツールとしても役立ちそうです。

特に印象に残ったのは、子どもが自分で寝る力を育むことの大切さについて書かれている点です。本書では、無理やり寝かせようとするのではなく、子どものペースに合わせて、自然な入眠を促す方法が示されています。

また、親が子どもに対してどのように接すれば良いのか、具体的な例が挙げられているのも良かったです。例えば、子どもが布団に入ってもなかなか寝付けない場合は、無理強いするのではなく、寄り添って静かに絵本を読んであげたり、優しい声で語りかけたりするなど、子どもの気持ちを理解することが大切だと書かれています。

『おやすみなさい』は、単なる絵本ではなく、親子のコミュニケーションを深め、子どもの成長をサポートするためのツールだと感じました。寝かしつけに悩んでいる方はもちろん、モンテッソーリ教育に興味がある方にもおすすめしたい一冊です。
出典:株式会社日本能率協会マネジメントセンター
出典:株式会社日本能率協会マネジメントセンター
出典:株式会社日本能率協会マネジメントセンター

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者