渋谷で体験!枯れた盆栽をアートに再生するRE BONSAIポップアップ

コメ兵渋谷店で、枯れた盆栽をアートに蘇らせる「RE BONSAI」のポップアップイベントが開催されます。盆栽アーティストによるワークショップで、自分だけのRE BONSAIを作れます。リユースとアートの融合、渋谷で話題のイベントに注目です。

70
0

渋谷で体験!枯れた盆栽をアートに再生するRE BONSAIポップアップ

昨年11月にオープンしたコメ兵渋谷では、7月6日(土)から7月15日(月)までの10日間、枯れた盆栽に命を吹き込むアート「RE BONSAI」に焦点を当てた期間限定企画を開催します。

コメ兵渋谷は、アートや音楽、ストリートカルチャーが融合する渋谷という街へのオマージュを込めて、内外装にこだわりのあるアートを取り入れてきました。その中でも、4階買取フロアに展示されているRE BONSAIは、オープン当初から大きな注目を集めていました。

今回のポップアップ企画は、コメ兵のリユースというビジネスモデルと、枯れた盆栽に新たな命を吹き込むRE BONSAIのテーマである「再生」が共通点を持つことから実現しました。コメ兵は、アート作品を通して、一度役目を終えたものの価値を見直し、再び輝きを取り戻すという再生・再利用の体験を促進したいと考えています。

これまで、コメ兵渋谷では衣料、宝石、時計、バッグ、スケートボードなどを取り扱ってきましたが、アート作品の取り扱いは今回が初となります。今回のポップアップでは、一点もののRE BONSAIの中から、コメ兵渋谷のために制作された作品を販売するだけでなく、盆栽アーティストの鈴木良夫氏によるワークショップを開催し、参加型イベントとして、唯一無二の体験を提供します。

ワークショップでは、自分好みのRE BONSAIを制作することができます。参加費は11,000円(税込)で、制作した作品はお持ち帰りいただけます。事前予約制で、空きがあれば飛び込み参加も可能です。

RE BONSAIは、枯れた盆栽にドライ化された葉や枝葉を付けて、新たなアート作品へと生まれ変わらせるものです。盆栽の歴史と現代的な美しさが融合した、世界で一つだけの作品を手に入れることができます。

RE BONSAIを手がける盆栽アーティストの鈴木良夫氏は、ファッションや流行に敏感で、中学生の頃から渋谷に通っていたそうです。多くの趣味を持つ中で、インテリアとして盆栽を飾ろうとしたものの、世話が大変で枯らしてしまう経験から、誰でも簡単に盆栽を楽しめる方法を模索し、RE BONSAIを創り出しました。

RE BONSAIは、渋谷の街角から新宿伊勢丹メンズ館、ディズニーストアなど、様々な場所で展示されています。2023年には「OMOTENASHI SELECTION 2023」を受賞するなど、その芸術性と独自性が広く認められています。

コメ兵渋谷は、リユースの魅力を伝えるとともに、ファッションやアートなど、様々なカルチャーとのコラボレーションを通して、渋谷の街を盛り上げていきます。今回のRE BONSAIポップアップイベントは、リユースとアートの融合、そして新たな価値創造を体験できる貴重な機会です。ぜひ足を運んでみてください。
コメ兵渋谷で開催されるRE BONSAIのポップアップイベントは、枯れた盆栽に新たな命を吹き込むというユニークな試みで、非常に興味深いと感じました。

リユースという概念をアートに結びつけることで、モノに対する価値観や捉え方を改めて考えさせられます。廃棄される運命にあった盆栽が、アーティストの手によって再び輝きを取り戻し、新たなアート作品として生まれ変わる過程は、まさに再生の象徴と言えるでしょう。

また、盆栽アーティストの鈴木良夫氏の経歴も興味深いです。ファッションや流行に敏感で、多くの趣味を持つ中、盆栽という伝統的な文化に新たな解釈を加え、現代的なアートとして昇華させたことは、非常に革新的です。

RE BONSAIは、単なるアート作品というだけでなく、日本の伝統文化である盆栽を現代に蘇らせる試みでもあります。盆栽の持つ歴史や文化的な背景を理解することで、RE BONSAIに対する理解も深まります。

ワークショップに参加して、自分だけのRE BONSAIを作れるという点も魅力的です。盆栽の知識や技術がなくても、アーティストの指導のもと、オリジナルの作品を制作できるのは、貴重な体験になるでしょう。

コメ兵渋谷は、ファッションやアート、音楽など、様々なカルチャーを融合させた、新しい形の商業施設です。RE BONSAIポップアップイベントは、コメ兵渋谷が目指す、リユースを文化として根付かせるための取り組みの一つと言えるでしょう。

今回のイベントを通して、多くの人がRE BONSAIの魅力に触れ、モノに対する価値観やアートに対する考え方を広げてくれることを期待しています。
出典:株式会社コメ兵ホールディングス
出典:株式会社コメ兵ホールディングス
出典:株式会社コメ兵ホールディングス
出典:株式会社コメ兵ホールディングス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者