夢を叶えるための「事務」の技術!漫画『生きのびるための事務』が話題に

作家・坂口恭平氏と漫画家・道草晴子氏による実用コミック『生きのびるための事務』が、発売からわずか1ヶ月で5刷5万部を突破しました。夢を叶えるために必要なのは、才能ではなく「事務」の技術だと説く、話題のコミックの魅力に迫ります。

182
0

夢を叶えるための「事務」の技術!漫画『生きのびるための事務』が話題に

「夢を叶えるためには才能が必要だ」そう思っていませんか?しかし、作家・建築家・画家など、多岐にわたる活動で知られる坂口恭平氏は、才能よりも重要なものがあると説きます。それは、誰もが避けて通れない「事務」の技術です。

坂口恭平氏が、自身の経験から得た「事務」の重要性を漫画家・道草晴子氏がコミカルに描き出す『生きのびるための事務』。この本は、発売からわずか1ヶ月で5刷5万部を突破するなど、大きな話題となっています。

「事務」と聞くと、面倒でつまらない作業のように思えるかもしれません。しかし、この本では、事務作業こそが夢を現実にするための鍵であると主張しています。

例えば、やりたいことがあっても、計画を立てたり、スケジュール管理をしたり、資料作成をしたりといった事務作業を疎かにしていると、なかなか前に進めません。逆に、事務作業をきちんと行うことで、目標を達成するための道筋が見えてくるのです。

本書では、具体的な事例を交えながら、事務作業の重要性をわかりやすく解説しています。また、読者自身が実践できる、具体的な事務スキルアップ方法も紹介されています。

「自分に自信がない」「やりたいことが続かない」「悩んで行動に移せない」そんな悩みを持つ人にとって、この本はまさに救世主となるでしょう。

事務作業の重要性、そして事務作業を通して夢を叶えるための具体的な方法を学びたい方は、ぜひ『生きのびるための事務』を読んでみてください。
『生きのびるための事務』を読んで、事務作業に対する私の見方が大きく変わりました。これまで、事務作業は面倒でつまらないものだと考えていましたが、この本を読んだことで、事務作業が夢を叶えるための重要な要素であることに気づかされました。

特に印象に残ったのは、事務作業を通して目標達成までの道筋が見えてくるという考え方です。確かに、やりたいことがあっても、具体的な計画を立てたり、スケジュール管理をしたり、資料作成をしたりといった事務作業を疎かにしていると、なかなか前に進めません。

この本では、事務作業の重要性をわかりやすく解説しているだけでなく、具体的な事務スキルアップ方法も紹介されているので、実践しやすいと感じました。

私は、この本を読んでから、事務作業を積極的に取り組むようになりました。そして、以前よりも計画的に行動できるようになり、目標達成へのモチベーションも高まりました。

『生きのびるための事務』は、夢を叶えたいと思っているすべての人におすすめできる一冊です。
出典:株式会社マガジンハウス
出典:株式会社マガジンハウス
出典:株式会社マガジンハウス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:株式会社マガジンハウス
出典:株式会社マガジンハウス
出典:株式会社マガジンハウス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者