2024年06月19日更新
少年サンデー ネーム展 小学館

少年サンデー創刊65周年!貴重なネームを無料公開!

少年漫画雑誌「週刊少年サンデー」創刊65周年を記念して、人気漫画のネームが小学館ビルで無料展示中!『銀の匙 Silver Spoon』や『古見さんは、コミュ症です。』など、普段は見ることのできない貴重なネームを間近で鑑賞できます。

103
0

少年サンデー創刊65周年!貴重なネームを無料公開!

少年漫画雑誌「週刊少年サンデー」が今年で創刊65周年を迎え、それを記念して、普段は見ることのできない漫画制作の過程の一部を展示する「少年サンデー創刊65周年記念 絵コンテ・ネーム展」が開催されています。

展示会場は、小学館ビル1階にある風除室。無料で誰でも見学できます。

展示されているのは、人気漫画のネーム。ネームとは、漫画のストーリーやコマ割り、セリフなどを書き込んだもので、漫画が完成するまでの重要な工程です。

第1回目の展示では、『銀の匙 Silver Spoon』の荒川弘先生と『古見さんは、コミュ症です。』のオダトモヒト先生の作品が公開されています。

両作品の1話のネームは、先生方のアイデアや構想が詰まっており、漫画ファンにとって見逃せない貴重な資料となっています。

展示期間は、2024年6月3日から2025年1月31日。期間中は、毎週のように異なる作品が展示されます。

例えば、7月1日からは『名探偵コナン』の青山剛昌先生と『レッドブルー』の波切敦先生の作品が展示されます。

その他にも、高橋留美子先生、あだち充先生、藤田和日郎先生など、数々の漫画家のネームが展示される予定です。

展示期間中は、先生直筆のネームと完成原稿が並んで展示されており、漫画制作の裏側を見ることができ、貴重な体験になります。

写真撮影も可能ですが、混雑時は譲り合って鑑賞しましょう。

少年漫画ファンなら必見の展覧会です。ぜひ足を運んで、漫画誕生の瞬間を体感してみてください。
出典:株式会社小学館
「少年サンデー創刊65周年記念 絵コンテ・ネーム展」は、漫画ファンにとって夢のようなイベントです。普段は見ることのできないネームを間近で鑑賞できるのは、貴重な体験です。

ネームを見ることで、漫画家のアイデアや構想、そして漫画が完成するまでの過程を知ることができます。

また、先生直筆のネームを見ることで、漫画家の個性や才能を感じることができます。

展示されている作品は、どれも人気作品ばかりなので、漫画ファンなら誰でも楽しめると思います。

さらに、展示期間中は、様々なイベントも開催される予定なので、ぜひ足を運んでみてください。

この展覧会を通じて、漫画への理解を深め、漫画の魅力を再発見できること間違いなしです。
出典:株式会社小学館
出典:株式会社小学館
出典:株式会社小学館

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:株式会社小学館

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者