GENERATIONS数原龍友、初フォトエッセイ「ついてきて」発売決定!

GENERATIONSのボーカル数原龍友さんが、自身初のフォトエッセイ「ついてきて」を8月8日に発売。3年の構想期間を経て、留学先アメリカでの撮影も敢行。家族のこと、デビュー秘話、ドームツアー、コロナ禍、メンバーとの関係、手術のことなど、これまでの人生を赤裸々に語った内容となっています。

46
0

GENERATIONS数原龍友、初フォトエッセイ「ついてきて」発売決定!

GENERATIONS from EXILE TRIBEのボーカル、数原龍友さんが、自身初のフォトエッセイ「ついてきて」を8月8日に発売することが決定しました。

3年の構想期間を経て、1年の撮影期間を費やしたというこのフォトエッセイは、数原さんの趣味を切り取った写真の数々で構成されています。留学先のアメリカでの撮影も敢行し、多岐にわたる数原さんの魅力が詰まった一冊に仕上がっています。

本書では、家族のこと、オーディションのこと、デビューのこと、ドームツアーのこと、コロナ禍のこと、メンバーのこと、手術のことなど、これまでの人生を赤裸々に語っています。7万字以上にも及ぶインタビューは、数原さんの飾らない言葉で綴られており、彼の心の内側を深く知ることができます。

数原さんはフォトエッセイについて、ファンのみんなはもちろん、もっとたくさんの人に自分の世界を知ってほしいという思いから制作を決めたと語っています。アーティストとしての数原龍友、ひとりの男としての数原龍友、趣味に没頭する数原龍友など、様々な角度から数原龍友の魅力に迫る内容となっています。

本書の発売を記念して、8月9日(金)には東京、10日(土)には大阪で、お渡し会&歌唱イベントも開催される予定です。イベントへの参加には、フォトエッセイの購入が必要となりますので、詳細は各書店またはイベント公式サイトをご確認ください。

数原龍友さんの飾らない言葉と美しい写真の数々で構成されたフォトエッセイ「ついてきて」。ぜひ、この機会に手に取ってみてください。
出典:株式会社講談社
数原龍友さんの初フォトエッセイ「ついてきて」は、彼の内面を深く知ることができる貴重な作品だと思いました。これまで語られることのなかったプライベートなエピソードや、数原さんが抱える葛藤、そして夢に向かって突き進む彼の強い意志が、写真と文章を通して伝わってきます。特に、留学先のアメリカでの撮影は、普段見せない数原さんの表情を見ることができ、新鮮な魅力を感じました。

7万字を超えるインタビューは、数原さんの飾らない言葉で綴られており、彼の心の内側を覗き見ているような感覚に陥ります。読み進めるうちに、数原さんの人間的な魅力に惹きつけられるとともに、アーティストとしての彼の成長を感じることができました。

本書を通して、数原龍友という人間が持つ奥深さ、そして彼の心の強さを感じることができたと思います。ファンならずとも、必見の一冊です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者