ピークデザインがトラベルラインを拡張!収納力抜群のダッフルバッグと多様なパッキングツールが登場

Peak Design(ピークデザイン)のトラベルラインに、新サイズのダッフルバッグと収納に役立つパッキングツールが仲間入り。旅行や撮影の準備がさらに快適に。環境への配慮も忘れていません。

134
0

ピークデザインがトラベルラインを拡張!収納力抜群のダッフルバッグと多様なパッキングツールが登場

Peak Design(ピークデザイン)から、トラベルラインに新商品が登場しました。今回の目玉は、大容量のトラベルダッフルバッグの新サイズと、収納の効率を上げる「ウルトラライト パッキングキューブ」です。さらに、小物収納に便利な「テクポーチ スモール」もラインナップに加わりました。

トラベルダッフルバッグは、すでに人気の65L、35Lに加え、新たに80Lと50Lが仲間入り。週末の旅行から長期間の旅行まで、荷物の量に合わせて最適なサイズを選べます。開口部が大きく開き、荷物の出し入れがスムーズに行えます。内側にはメッシュポケット、外側にはサイドポケットを備え、小物の収納にも困りません。さらに、別売りのパッキングツールと組み合わせて、荷物を整理整頓することも可能です。ハンドストラップ、ショルダーストラップが付属し、ボストンバッグ、ショルダーバッグ、バックパックスタイルと、用途に合わせて持ち運び方が選べます。

「ウルトラライト パッキングキューブ」は、従来のパッキングキューブよりも軽量で、よりシンプルに設計された収納ポーチです。スモール、Xスモール、XXスモールの3サイズ展開で、バンドルセットも用意されています。素材には、耐候性と耐久性に優れた超軽量素材「Terra Shell™(テラシェル)50D」を採用。さらに、耐候性に優れたジッパーと耐摩耗性の高い糸を使用するなど、細部にもこだわっています。ポーチ上部のコードフックループに別売りのストラップを取り付ければ、スリングバッグとしても使用できます。

「テクポーチ スモール」は、従来のテクポーチを約半分にしたコンパクトサイズです。ケーブルやSDカード、バッテリーなど、さまざまな小物類を整理して収納できます。開口部が広く自立するため、視認性とアクセス性に優れています。コードフックループ付きなので、ストラップを取り付けてボディバッグとしても使用できます。

Peak Designは、環境問題にも積極的に取り組んでいます。100%カーボン・ニュートラル認証の取得やリサイクル素材の使用、ブルーサイン認証生地の採用に加え、新製品には環境負荷を軽減するPFASフリーのコーティングを施しています。

今回の新商品によって、Peak Designのトラベルラインはさらに充実し、旅の準備がより快適になりました。収納力抜群のダッフルバッグ、多様なパッキングツールで、旅の荷物を効率的に整理し、快適な旅を満喫しましょう。
Peak Designの新しいトラベルラインアイテムは、機能性とデザイン性を兼ね備えた素晴らしい製品だと感じました。特に、トラベルダッフルバッグの新サイズは、容量が豊富で、長期間の旅行にも対応できる点が魅力です。開口部が大きく開き、荷物の出し入れがしやすいのもポイントが高いと感じました。また、別売りのパッキングツールと組み合わせて、荷物を効率的に収納できるのも素晴らしいと思います。

「ウルトラライト パッキングキューブ」は、軽量でコンパクトな設計が気に入りました。収納力も抜群で、細かいアイテムを整理するのに最適です。素材の耐久性も高く、長く愛用できると思います。スリングバッグとしても使用できるのも便利です。

「テクポーチ スモール」は、コンパクトながら収納力があり、小物の整理に役立ちます。開口部が広く自立するので、中身が見やすく取り出しやすいのも嬉しいです。ストラップを取り付ければボディバッグとしても使えるので、旅行中のちょっとしたお出かけにも便利です。

Peak Designは、環境問題への取り組みも積極的に行っている点が素晴らしいと感じます。環境に配慮した製品づくりは、消費者にとって重要な要素であり、Peak Designの姿勢は高く評価できると思います。

今回の新商品によって、Peak Designのトラベルラインはさらに魅力的なラインナップになりました。旅行好き、カメラ好き、そして環境問題に関心の高い人にとって、Peak Designの製品はおすすめです。
出典:銀一株式会社
出典:銀一株式会社
出典:銀一株式会社
出典:銀一株式会社

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:銀一株式会社
出典:銀一株式会社
出典:銀一株式会社
出典:銀一株式会社
出典:銀一株式会社
出典:銀一株式会社
出典:銀一株式会社
出典:銀一株式会社

スポンサーリンク

スポンサーリンク

出典:銀一株式会社
出典:銀一株式会社
出典:銀一株式会社
出典:銀一株式会社
出典:銀一株式会社

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者