タリーズコーヒー、日本各地素材の魅力を堪能!第二弾は出雲生姜と利尻昆布

タリーズコーヒーが展開する「FUN FAN JAPAN!」プロジェクトの第二弾がスタート。島根県出雲市の生姜と北海道利尻島の昆布を使った新メニューが登場。素材本来の味を楽しめる、こだわりのドリンクとフードで、日本の魅力を再発見しよう。

75
0

タリーズコーヒー、日本各地素材の魅力を堪能!第二弾は出雲生姜と利尻昆布

タリーズコーヒーは、日本各地の素材の魅力を伝える「FUN FAN JAPAN!」プロジェクトの第二弾として、6月19日(水)より「出雲生姜のドライジンジャーエール」と「彩り野菜と利尻昆布だしの和風ペペロンチーノ」を発売しました。

「出雲生姜のドライジンジャーエール」は、島根県出雲市産の出雲生姜を使用したオリジナルジンジャーエール。ピリッと辛い出雲生姜の風味と、輪切りレモンの爽やかな香りが特徴です。暑い日にぴったりの、辛口で爽快な喉ごしが楽しめます。

一方、「彩り野菜と利尻昆布だしの和風ペペロンチーノ」は、日本三大昆布の一つである利尻昆布の旨味と、唐辛子の辛味が調和した一品です。赤パプリカや小松菜などの彩り豊かな野菜が食欲をそそります。香ばしい焼きあごの風味と利尻昆布だしの上品な旨味を、お好みのドリンクと合わせて味わうことができます。

今回の新メニューは、日本の素材を活かした、こだわりの味わいが魅力です。素材本来の味を堪能したい方は、ぜひタリーズコーヒーを訪れてみてください。
タリーズコーヒーの「FUN FAN JAPAN!」プロジェクト第二弾は、素材の産地や特徴を前面に出した、まさに日本の魅力を再発見できる企画と言えるでしょう。出雲生姜のドライジンジャーエールは、生姜の辛味がダイレクトに感じられ、爽快感も抜群。暑い日にぴったりです。一方、和風ペペロンチーノは、利尻昆布の旨味が野菜と唐辛子の辛味と絶妙に調和し、上品な味わいに仕上がっています。日本各地で育まれた素材の素晴らしさを感じられる、まさに「FUN FAN JAPAN!」の名にふさわしいメニューと言えるでしょう。

タリーズコーヒーは今後も、日本の様々な地域の魅力を伝えるメニューを展開していくとのこと。今後の展開にも期待が高まります。
出典:タリーズコーヒージャパン株式会社
出典:タリーズコーヒージャパン株式会社
出典:タリーズコーヒージャパン株式会社
出典:タリーズコーヒージャパン株式会社

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者