『セカンド・ラブ/Second LOVE』ヒロイン・深田恭子の衣装

金曜ナイトドラマ 亀梨和也・深田恭子が主演「セカンド・ラブ」深夜枠のドラマとあって、過激すぎだけど面白い!深田恭子さん演じるヒロイン・西原結唯のファッションをまとめて紹介します〜♡【画像クリックで画像が拡大されます】

9963
0

2015年 金曜ナイトドラマ「セカンド・ラブ」|テレビ朝日

「セカンド・ラブ」で深田恭子(西原 結唯)の衣装・着用アイテムをまとめました。

キャスト

脚本 - 大石静
演出 - 塚原あゆ子
主題歌 KAT-TUN「KISS KISS KISS」

出演
平 慶(たいら けい)- 亀梨和也
西原 結唯(にしはら ゆい)- 深田恭子
野口 綾子(のぐち あやこ)- 早見あかり
竹内 そら(たけうち そら)- 小芝風花
之瀬 佑都(いちのせ ゆうと)- 大貫勇輔
上田 波留子(うえだ はるこ)- 秋山菜津子
田島 茂良(たじま しげよし)- 寺島進
西原 真理子(にしはら まりこ - 麻生祐未
高柳 太郎(たかやなぎ たろう)- 生瀬勝久

西原 結唯(にしはら・ゆい)……深田 恭子

画像を拡大

西原 結唯(深田)は名門女子校で教鞭を取る化学教師。

出典:marubun.blog.so-net.ne.jp

女子高の教師。
いわゆるリケジョで、化学を担当している。2年生の副担任。生徒に付けられたあだ名は「西ブー」(「ブー」は「Virgin」の「ブイ」が訛ったもの)。真面目でしっかり者だと周りには言われ、そこそこ美人だが、独身。17歳の教え子たちの美しい肌を前にし、年齢に忠実な自分の顔を苦々しく感じている。母親と2人で実家暮らしをしており、実は同僚教師・高柳太郎と不倫中。最初からその先には結婚がないことを自覚しており、今では自分自身がこの恋愛に何を望んでいるのかよく分からない。そんなすべてにおいて突き抜けられない閉塞感を抱え、日々をやり過ごしていたら、いつしか潤いのない空虚な人間になってしまった。だが、平慶の登場により、その価値観は大きく揺らぎ始める。

同僚教師との不倫関係を続けながらも、どこかずっと寂しかった心と体に迷いなく飛び込んできた若い男の情熱に飲み込まれていく30代の独身女性・結唯を、繊細かつ大人の魅力たっぷりに立体化。

深田は「繊細で情緒豊かな女性に私がどこまで近づけるのか、今は不安と期待が入り混じっていますが、精一杯演じていきたい」と、“大人の女優としての新境地”を切り拓く。

「繊細で情緒豊かな女性に私がどこまで近づけるのか、今は不安と期待が入り混じっていますが、精一杯演じていきたい」と、“大人の女優としての新境地”を切り拓く。
引用元:同僚教師との不倫関係を続けながらも、どこかずっと寂しかった心と体に迷いなく飛び込んできた若い男の情熱に飲み込まれていく30代の独身女性・結唯を、繊細かつ大人の魅力たっぷりに立体化。 深田は「繊細で情緒豊かな女性に私がどこまで近づけるのか、今は不安と期待が入り混じっていますが、精一杯演じていきたい」と、“大人の女優としての新境地”を切り拓く。 「繊細で情緒豊かな女性に私がどこまで近づけるのか、今は不安と期待が入り混じっていますが、精一杯演じていきたい」と、“大人の女優としての新境地”を切り拓く。

■あらすじ 感想

画像を拡大

第1話 女子校の化学教師・西原結唯(深田恭子)に平慶(亀梨和也)が電話番号を渡すシーン(C)テレビ朝日

出典:contents.oricon.co.jp
主人公・慶(亀梨)は、夢を諦めきれないコンテンポラリーダンサー。そんな彼が閉塞感に身を沈めて生きる高校教師・結唯(深田)と激しい恋に落ち、年齢差やかけ離れた生活環境、価値観の相違、周囲を巻き込む修羅場といった幾つものハードルを共に乗り越えながら、愛だけに走っていく捨て身の人生を描く。
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
亀梨は夢をあきらめきれないダンサー、深田は閉塞感に身を沈めて生きる教師を演じる
引用元:entertainment.rakuten.co.jp(引用元へはこちらから)

まとめ作者