2016年10月28日更新
シースルーバング 前髪 モテ髪

モテ髪!【シースルーバング☆ヘアスタイル】

随分前にも流行った事のある「シースルーバング」。おろした前髪が少し透けて見えるヘアです。最近はまたこの「シースルーバングが人気になりだしました。どんなヘアスタイルがあるのか、色々と集めてみました^^♪

1864
1

男子受け抜群の「シースルーバング」

出典:hair.cm
さとみさんのシースルーバング ...
目力バングと呼ばれる厚め&重め前髪がこの春変化! 額が透けてちらっと見えるくらいの前髪”シースルーバング”が注目を集めています。韓国で人気に火がつき、今では石原さとみさんをはじめ日本の芸能人の間でも大流行中。この春は、前髪を変えてみませんか?
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)
韓国から人気復活してきた「シースルーバング」。以前は日本でも結構この前髪をした人が多かったんですよ。今回は次世代の「シースルーバング」を集めてみました。

シースルーバングの切り方

誰にでも似合って、なおかつ可憐さ、清純さもUPできちゃうシースルーバングを自分で作ってみましょう!

手順「1」

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「1」
切る前髪は、この三角形の箇所。あまり幅を広く取り過ぎないようにするのがポイントです。切らない前髪は耳に掛けたりピンで押さえるなどして、しっかり分けておきましょう。
引用元:locari.jp(引用元へはこちらから)

手順「2」

「2」
前髪の中心から切り始めます。外側に行くに従って少しづつ長めになるように切りましょう。
引用元:locari.jp(引用元へはこちらから)

手順「3」

「3」
前髪のバランスを見ながら調整していきます。ハサミを縦に入れて梳くように切ると、ナチュラルな印象に。
ドライヤーやヘアカーラーでふんわりブローしてもかわいい♡
引用元:locari.jp(引用元へはこちらから)

シースルーバング☆ヘアカタログ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シースルーバングとデジタルパーマ

スタイリング&アレンジポイント

今年のトレンドはなんと言っても前髪!!!厚めのぱっつん前髪から薄めの流し前髪が女性のフェミニンさを増してみせてくれるからとってもオススメです小顔にみせてくれる効果も狙って長さは頬骨にあたる長さがGOOD

スタイリストコメント

AFLOAT由梨の提案する女子ウケモテ髪!今年はシースルーバングが人気の秘訣!長めの前髪にカールを少しつけて流す。毛先にはパーマをかけて動きを出してあげたら褒められヘアー間違いなし!ツヤ髪にはトリートメントは必須です
引用元:beauty.rakuten.co.jp(引用元へはこちらから)

ふんわりシースルーバング

出典:mejiro.zaza-j.com
ふんわりシースルーバング
スタイルコメント
全体的に緩めのカールにし、前後は透け感・抜け感のある爽やかなシースルーバングにしました。カジュアルで可愛らしい雰囲気の女性に仕上がります。
スタイリングコメント
柔らかいパーマを掛けているので、ドライヤーでカールを出す様にスタイリングし、最後は全体的にソフトワックスを揉み込めば完成です!
引用元:mejiro.zaza-j.com(引用元へはこちらから)

NEWシースルーバング無造作ウルフ大人グラム甘辛MIX

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スタイリング&アレンジポイント

ほつれウェーブも似合う髪型はウェービーでフレンチ&ガーリーなパーマをかけても耳かけ簡単スタイリングヘア、トップのボリュームをいかして前下がりボブやマッシュ、ふわミディのレングスチェンジもOK。カラーの似合わせはルミエールのヌーディーカラー☆

スタイリストコメント

今流行のシースルーバング。流しも下ろす感じもどっちもOK。☆似合わせカットが得意なので顔型などでお悩みの方は是非!暗髪でひし形でネオウルフなのでルミエールカラーやプラチナカラー、甘辛MIXで大人グラムヘアに変身!ほつれウェーブが可愛いパーマです
引用元:beauty.rakuten.co.jp(引用元へはこちらから)

シースルーバングショートBOB

毛先のパツっと感がポイントです。
引用元:www.shima-hair.com(引用元へはこちらから)

シースルーバングの愛されヘアー

スタイリング&アレンジポイント

しっかり乾かしてヘアクリームをなじませます。 その他何でもご相談ください。

スタイリストコメント

短めの前髪に切る事で目をきれいにみせます。顔周りにレイヤーを入れて小顔効果UPツヤツヤの質感は誰からも愛される事間違いなし。※くせが強い方はストカールがお勧めです
引用元:beauty.rakuten.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者