【ブラックペアン】木下香織の役で加藤綾子(カトパン)ドラマ衣装・ブランドまとめ!知的でクールに♡

2018年4月期日曜劇場「ブラックペアン」に治験コーディネーター 木下香織の役で加藤綾子(カトパン)が出演! ドラマの衣装をまとめて紹介します!

592
0

日曜劇場「ブラックペアン」

2018年4月期日曜劇場「ブラックペアン」に治験コーディネーター 木下香織の役で加藤綾子(カトパン)が出演!

ドラマの衣装をまとめて紹介します!

元看護師で現在は治験コーディネーターとして、新薬や機器開発の治験の窓口となっている。佐伯教授や、渡海らと対等なやりとりをしていく。さらに高階にも接触するなど、自分の信念を貫いて医療業界をけん引している人物。
引用元:www.tbs.co.jp(引用元へはこちらから)

日曜劇場『ブラックペアン』第1話あらすじ

出展:Youtube

[新ドラマ] 二宮和也が日曜劇場で初主演!! 日曜劇場『ブラックペアン』4/22スタート【TBS】

二宮和也主演 日曜劇場『ブラックペアン』4月22日スタート 最新予告映像公開! ※初回放送は25分拡大スペシャルとなります □番組概要 二宮和...

スポンサーリンク

スポンサーリンク

東海地方にある東城大学医学部付属病院では、“神の手”を持つと称される心臓外科医・佐伯清剛教授(内野聖陽)によって、難しい心臓手術が行われようとしていた。三ヵ月後に日本外科学会理事長選を控え、佐伯教授と一騎打ちと噂される帝華大学の西崎啓介教授(市川猿之助)もこの手術を見学、治験コーディネーターの木下香織(加藤綾子)や医療ジャーナル誌編集長・池永英人(加藤浩次)も注目する手術だ。そんな重要な手術の最中、佐伯が受け持つ別の患者の容態が急変。医師たちが対応にあたるが状態は悪化、研修医の世良雅志(竹内涼真)や新人看護師の花房美和(葵わかな)らはなす術がない。そんなとき、手術室に一人の男が現れる。同僚医師らから“オペ室の悪魔”と呼ばれる外科医・渡海征司郎(二宮和也)は、鮮やかなオペをしてみせるが…。

一方、東城大にやってきた新任講師・高階権太(小泉孝太郎)は、最新医療用機器「スナイプ」の使用を推進しようとする。彼は西崎教授から東城大に差し向けられた刺客だった─。
引用元:www.tbs.co.jp(引用元へはこちらから)

「ブラックペアン」の記者会見の時に、カトパンが着ていた衣装

LESTERA(レステラ) バスケット織りフラワーレーストリム ノーカラージャケット

36,720円(税込)

繊細なフラワーレースがポイントのノーカラージャケット。光沢の美しいバスケット織りの生地で仕立てました。ダーツで絞ったスマートなシルエットも特徴。装いをよりエレガントに演出してくれる一着です。総裏仕立て。
引用元:e-shop.renown.com(引用元へはこちらから)

LESTERA(レステラ) 二重織袖レース切替ワンピース

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者