しまむら『名画』コラボの寝具が発売!ゴッホ、フェルメール、レオナルド・ダ・ヴィンチも!品番・取り寄せ

しまむらから名画をデザインした新商品が、2020年8月21日(金)9時~「しまコレ」アプリで販売します。ゴッホ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、フェルメールなどどれも名作ばかり! 斬新なデザインで注目を集めています!

5318
0

しまむら『名画』コラボの寝具が新発売!

しまむらから名画をデザインした新商品が、2020年8月21日(金)9時~「しまコレ」アプリで販売します。ゴッホ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、フェルメールなどどれも名作ばかり!

斬新なデザインで注目を集めています!

≪商品ラインナップ≫しまむら×名画コラボ!寝具シリーズ!

サイズ


掛け布団カバー
210×150㎝


43×63㎝

フィンセント・ファン・ゴッホ『ひまわり』

スポンサーリンク

スポンサーリンク

《ひまわり》はフィンセント・ファン・ゴッホの静物絵画シリーズ。ひまわりシリーズは2つある。



初期シリーズは1886年から1887年ごろにパリで弟のテオと住んでいるときに制作されたもので、土の上にひまわりの花が寂しげな雰囲気で置かれた作品群である。



後期シリーズはアルル滞在時の1888年制作されたもので、花瓶に活けられたひまわりの花束を描いた作品群である。種子頭の質感を出すように両方のシリーズとも絵の具を厚く塗布して描かれている。



ゴッホにとってひまわりとはユートピアの象徴であったとされている。しかし、ほかの静物画作品に比べるとゴッホの主観や感情を作品に投影させることに関心がなかったと見られている。



ひまわりシリーズの制作は、ゴッホの友人だったポール・ゴーギャンと関わりの深い作品で、特に後期は自身の絵画技術や制作方法を披露することを目的に制作されていたという。
引用元:www.artpedia.asia(引用元へはこちらから)

掛け布団カバー 価格:1969円(税込み) 品番:826-0376

枕 価格:1969円(税込み) 品番:805-0558

レオナルド・ダ・ヴィンチ『モナ・リザ』

スポンサーリンク

スポンサーリンク

《モナ・リザ》、または別名《ラ・ジャコンダ》はレオナルド・ダ・ヴィンチによって制作された上半身が描かれた半身肖像画。盛期イタリア・ルネサンスの傑作の1つと評価されている。「世界で最も有名で、多くの人に鑑賞され、書かれ、歌にされ、パロディ化された」芸術作品と言われている。77 cm × 53 cm。パリのルーブル美術館が所蔵している。



また、《モナ・リザ》は世界で最も高額の絵画である。1962年1億ドルという史上最高の保険金が設定されている(ルーブルは実際には保険を購入してはいない)。これを現在の価格(2020年)に換算すると約6億5000万ドル相当の保険価格に相当する。



絵画のモデルは、多くの批評家たちによりフランチェスコ・デル・ジョコンドの妻であるリザ・デル・ジョコンドの肖像とみなされており、白いロンバルディアのポプラのパネルに油彩で描かれている。
引用元:www.artpedia.asia(引用元へはこちらから)

掛け布団カバー 価格:1969円(税込み) 品番:826-0898

枕 価格:1969円(税込み) 品番:805-0551

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック『ディヴァン・ジャポネ』

スポンサーリンク

スポンサーリンク

《ディヴァン・ジャポネ》は、画家のアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックによって制作された作品。制作年は1893年から1893年で、ボストン美術館などに所蔵されている。

《ディヴァン・ジャポネ》はフランスの画家アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックにより1893年に描かれたリトグラフである。ボストン美術館などに所蔵されている。
引用元:www.musey.net(引用元へはこちらから)

掛け布団カバー 価格:1969円(税込み) 品番:826-0395

枕 価格:1969円(税込み) 品番:805-0553

ヨハネス・フェルメール『真珠の耳飾りの少女』

《真珠の耳飾りの少女》は、オランダ絵画の黄金時代の画家ヨハネス・フェルメールが1665年頃に描いたと推定されている油彩画。作品はキャンバスに油彩で、高さ44.5cm、幅39cm。「IVMeer」のサインがあるが正確な年代は不明。



この絵は17世紀にオランダで描かれたトロニー画で(オランダの黄金時代の絵画やフランドル地方のバロック絵画によく見られる作品)、肖像画ではなく「顔」を描いたものである。



数世紀にわたって様々なタイトルが付けられてきたが、20世紀末には描かれている少女が身につけていた大きな真珠の耳飾りにちなんで、現在のタイトルで知られるようになった。



1902年からハーグのマウリッツハイス美術館に所蔵されており、さまざまな文学的な論議の対象とされてきた。2006年には、オランダで最も美しい絵画に選ばれた。
引用元:www.artpedia.asia(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者