2016年07月09日更新
恋愛 恋愛テク 恋愛テクニック

好きな彼との「体の相性」を見極めるポイント

男女関係で大切なのは笑いのツボや金銭感覚など様々な「相性」。とりわけ無視できないのが「体の相性」。 でもその「体の相性がいい」ってどういうことなのでしょうか?

11302
0

お互いの趣味思考が一致している

いわゆる「性癖」のことです。普段の笑いのツボや金銭感覚、食べ物の趣味などが一致していても、性に関する価値観があまりにもかけ離れていると、関係の維持が難しくなってしまいます。

ベッド上でのお互いの趣味思考はきちんと把握しておく必要があるのです。


引用元:saras-media.com(引用元へはこちらから)

見つめ合う時間が長いと感じる

 男性が目を見つめるということは、それだけ深い愛情を持っていて、心を通わせようとしている証拠です。心を通わせようとしてくれる人とは、必ず体の相性はよくなります。言葉にしなくても目を見れば分かりあえる感覚は、セックスにおいては男女共通なのです。

引用元:joshi-spa.jp(引用元へはこちらから)
 彼が女性の目を見ず、または目を閉じて自分の世界に入っているようなら、女性がセックスに求める感覚に疎い人かもしれません。 そんなときは「私を見て…」とリクエストしてみましょう。ちょっと見ただけでパッと目を反らしてしまうようなら、あまり期待はできないでしょう。

引用元:joshi-spa.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キスが気持ちいいと感じる

キスした時の直感って実は体の相性よりもわかりやすいといいます。
女性は、自分と異なるDNAを持つ男性を好きになる傾向があることが分かっています。
女性というのは無意識にキスの粘膜交換によってDNAの判定を行えるのです。
オールバニー大学の研究者によると、
驚くことに女性の66%がキスの相性の不一致が理由で別れてしまったというのです!
セックス以前にキスに違和感を覚えてしまうようなら、
あなたにふさわしい相手は別にいるのかもしれませんね。


引用元:aikatu.jp(引用元へはこちらから)

食事の相性がいい

人間の三大欲求でもある食欲と性欲は、体の奥深い場所で繋がっています。

そのため、食事にはその人のセックス傾向が表れやすく、食事の作法がそのままベッドタイムにも反映されるのです。

例えば、ゆっくり丁寧に食事を食べる人はベッドタイムでも同様に振舞います。ですから、食事のペースや食べ方が合わない相手とは、ベッドタイムの相性も悪い可能性が高いのです。
引用元:saras-media.com(引用元へはこちらから)

愛撫のリクエストができる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

「そこ、もうちょっと右…」、「耳より首筋がいいんだけど…」など愛撫のリクエストを、どんな遠回しな言葉でもいいので言葉にできれば、体の相性がいいと言えるでしょう。

引用元:joshi-spa.jp(引用元へはこちらから)
 体の相性はお互いの感覚を摺り合わせることで、ある程度は作れるのです。『感覚の擦り合わせ=愛撫のリクエスト』が初めてのセックスからできそうな相手だと感じられるなら、確実に体の相性はよくなります。実際にはうまく伝わらなくて、リクエスト通りの愛撫じゃなかったとしても、リクエストしようと思えた相手であることが大切なのです。

引用元:joshi-spa.jp(引用元へはこちらから)

体質が違う

体質の相性とは、容姿や肌質、髪質、体臭など、先天的に決まっている部分の相性です。

この中でも特に体臭は最重要。私たち人間には、相手の遺伝子や健康状態などを匂いで感知する能力が備わっています。自分の体と相性が良い相手の体臭は良い匂いに、相性が悪い相手の体臭は嫌な匂いに感じる様に出来ているのです。

これは、遺伝子が近い相手との性交を防ぐために、人間に残されている動物的本能であると言われています。
引用元:saras-media.com(引用元へはこちらから)

体臭

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人間の本能として備わっている能力に、『自分となるべく異なる遺伝子を持つ相手と生殖行為を行うことで、より強い生命力を持った子孫を残そうとする』というものがあります。その代表的なものが、『フェロモンの一部』ともいわれる『好みの体臭』を嗅ぎ分ける力であるといわれています。

引用元:pan-pan.co(引用元へはこちらから)
最近では、男性女性共に、体臭や口臭のケアを心がげている人が多く、なかなか嗅ぎ分けるのが難しくなってきていますが、少し汗ばむ時期になったり、また、かなりの至近距離に近づくと体臭を感じることができます。『身体の相性が良い』ことの条件に『相手の体臭が嫌だと感じない』というのがあげられます。これは、体臭自体が我慢できないからという理由だけではなく、『身体の相性が良い相手の体臭』を、『良い匂いだと感じる』ように遺伝子に組み込まれているからだといわれています。

引用元:pan-pan.co(引用元へはこちらから)

相手の「優しさ」を感じられる

行為中、自分勝手に振る舞う男性は、おそらく女性から敬遠されていることでしょう。

一方、最初から最後まで彼女の様子をみながらも、細かい気配りができている人に対しては相性のよさを感じるもの。
引用元:trilltrill.jp(引用元へはこちらから)
たとえば、明るい中で行為を及ぶことに対して抵抗を感じる女性もいます。

そのとき、できるだけ相手のカラダがみえないように暗くしておきながらも、表情はきちんと確認できる程度に照明を調節してくれたり、あるいは最後まで彼女に痛い思いをさせていないか、きちんと気を遣ってくれたりと、自己中心的ではなく相手を思いやりながら行為に及ぶ男性に対しては、相性はもちろんのこと、女性側としては、この人の隣にずっといたいと思うものですよね。

あまりにも自己中心的な行為を強制するオトコはこちらから丁寧にお断りしておきましょう。
引用元:trilltrill.jp(引用元へはこちらから)

手に触れる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者