2016年07月11日更新
結婚 恋愛

安心感が違う!「姉がいる男子」が結婚相手に最適な理由とは?

付き合う相手の兄弟構成を気にされたことありますか?どうやら姉のいる男性はとっても付き合いやすいようなのです。他の兄弟構成の男性と比べて、彼らにはどんな特徴があるのでしょうか。

10638
0

口げんかの煩わしさを知っている

女の口に、男は絶対にかなわないもの。姉がいる男性は、口ゲンカで姉に負け続けてきた経験から、女との口げんかのうざったさをイヤというほどわかっています。

引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)
女性がギャーギャー騒いでも、今さら動じたりせず受け流すので、姉がいる男性とは、円満な家庭が作りやすいのです。

引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)

女性との距離の保ち方がうまい

「姉いる男子は、距離の保ち方が絶妙で、うまい」といった意見も。例えば、女性が体調不良でイライラしているとき。変にオロオロしたり、必要以上に気を遣ってきたりもせず、適度に放っておきつつ、うまいタイミングで声をかけてくれたり、さっと家事を手伝っておいてくれたり、「絶妙な距離感」で関わってきてくれる。
引用元:woman.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

女性は体調や感情の波も大きく、妙に張り切ったり、落ち込んだり悩んだりしてしまうこともありますが、そんなとき、旦那様がよい距離感で家にいてくれると、確かにかなり心強いですね。

引用元:woman.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

女性からの理不尽な扱いに慣れている

ほとんどの姉において、弟をこき使ったり、八つ当たりしたりという経験があるようです。年の小さい弟はそれを理不尽だとは思いつつも逆らわずに育ってきた経験があるため、女性に対し寛大になる傾向が。


引用元:locari.jp(引用元へはこちらから)
生理前などどうしてもイライラして彼氏に当たってしまうこともあると思いますが、そんな時でも姉のいる男性は寛大に接してくれるはずです。


引用元:locari.jp(引用元へはこちらから)

潜在的に「女は怖い」と植え付けられている

姉がいる男性は、大人になっても「いまだに姉のことが怖い」のだそうです。たいてい彼らは、幼少期に、姉からの理不尽で暴力的な逆襲を経験し「女の怖さ」を知っています。

引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

そのため、女を怒らせない術を身に付けているのです。いつまでも女の機嫌を損ねない気遣いができる良い旦那になること間違いなしです。

引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)

「女性の生活」に自然に入り込める

女性に幻想を抱いていない、ということは、一緒に「生活」するのがラク、ということでもあります。以前、“弟いる男子”が自分の彼女について、「お風呂上がりに下着だけで歩くのが、本当に嫌」と発言したところ、“姉いる男子”は、「そうなの? 俺、彼女のブラジャーとか、たまに干しているよ」と返答。

引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
つまるところ、女性のいる生活に“免疫”があるかないか……ということになりますが、家のなかでまで何かと制約を受けるのは、窮屈だと感じる女性もいるでしょう。そういう意味で、“姉いる男子”は、女性がかなり気楽に暮らせる相手と言えそうです。

引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

女のモロさを知っている

スポンサーリンク

スポンサーリンク

一緒に暮らしていると、姉が失恋して落ち込んだり、泣いたりしている姿を目撃します。どんな気の強い女に必ずモロさがあり、女は守らなくてはいけない存在だとすでにわかっているのです。

たとえ逆境に立たされたときも、妻を全力で守るいい旦那になること間違いなしです。
引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)

男と女の友情が理解できる

姉がいる男性は「男女の友情は成立する」ということを姉との関係性から学んでいる為、妻が男友達を持つことに寛容です。

男友達が多い場合でも、浮気の心配がなければ、いちいち追求されることはありません。
引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)

「女性の喜ぶポイント」を抑えている

姉いる男子は、幼少期から「姉の機嫌」が自分に及ぼす影響を身に染みて知っているので、「女性の喜ばせ方」も自然と学んでおり、そうした“嗅覚”は、結婚後も高いポイントとなるようです。ファッションや髪型について、「それいいね、可愛いね」なんて自然に言えるのも、姉いる男子に多い特徴
引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
ある女性からは、「朝、同僚(=姉いる男子)が顔を覗き込んできて、『ここ、ファンデーションが伸びきってないよ』と指で教えてくれた。恥ずかしかったけど助かったし、なんかキュンと来た!」なんてエピソードも聞かれました。(これに関しては、女心を理解していないよな、無器用な男性のほうが好み、という意見もありましたので、男兄弟の方もどうぞご安心を……!)

引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者