2016年10月19日更新
恋愛 男性心理 本音

知りたくなかった!?女性に隠している男の本音

男脳と女脳が相反するのは仕方ないこと。そこをお互い理解し合い、歩み寄ることが長続きさせる秘訣とも言われます。「もういい!!」と投げやりになる前に男の生態をわかってあげて下さい。

2342
0

男の“好き”は別の意味もある!?

「多くの男性は、それほど好きでなくても“好き”といわなければ、肉体関係を持つことができないから好意を示しているだけなのです。これが最も知られたくない部分なのです。


引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)
もっと言えば、“遊ぶだけ遊んで、結婚なんて考えてない”ということでもあります。さらに、遊び人の男性は、“どうせ付き合ってもせいぜい6ヶ月くらいかな”と計算して交際を申し込むのです。そして、最初の査定から、大きく変わることはないのです。


引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)
本当に好きな場合もありますが、本気なのか遊びなのかを見抜くのは簡単ではありません。多くの言動から推察していくしかないのです。長続きさせるコツを抑えるとすれば、重い女にならないことです。」


引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)
女性にとっては衝撃の事実ですが、若い男性からしたら、責任を背負うことなく恋愛を楽しみたいと思う人も多そうですよね。「好き」という言葉は、「あなたは好みのタイプなのでちょっと遊びたい」という意味もあるということですね。


引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)

「毎日連絡」は無理

スポンサーリンク

スポンサーリンク

恋人とは毎日必ず連絡を取りたいと考える女性は多いですが、それを面倒に感じる男性は多いもの。男性にとって、LINEやメールはあくまで連絡手段であって、コミュニケーションツールではないのです。
いくら相手が彼女であっても、女性のように特に用件もなく、毎日長々と会話することには苦痛を感じてしまいます。毎日連絡することを強要したり、連絡がないからといって落ち込んだり、さらには彼を責めたりするのはやめましょう。
お互いに譲歩しあって、良い着地点を見つけてくださいね。
引用元:mdpr.jp(引用元へはこちらから)

ジェラシーの強い女は面倒くさい

あまりジェラシーの強い女は面倒くさいという声は多いです。

例えば、「今どこ?」「何時頃帰るの?」「誰といるの?」などと聞かれるのは厳しいと。女性からすれば「あなたが信用ないからじゃん」という意見もありますが、それはごもっとも。しかし、それに対し男は、「色々、付き合いというものが男にはあるんだ。そこらへん、理解して何も言わない女性が帰りたくなる女だ」って言います。これは双方の言い分もあるので、お互い様な所はありますが、あくまで男の本音です。


引用元:koigaku.machicon.jp(引用元へはこちらから)

「女友達」に欲情することもある

「男女の間に友情なんて成立しない」とまでは言わないにしても、男性はふとしたときに、女友達に“女”を感じてしまうことはあるものです。

特に、一緒にお酒を飲んでいるときなどは、実はエッチな目で見たりしていることもあったりします。

顔には出さないようにしていますが、あわよくばと心の中で思ってしまう気持ちが、女友達に対しても多少はあるのでしょう。

引用元:howcollect.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

実はとってもナイーブ

女性は簡単に自分のいうことを聞き入れてはくれませんし、若い男性ほど、社会に出ればボコボコにされるのです。どんな優秀な男性であっても、30歳くらいまでは自分が考えていた以上の苦労をしているのです。

でもそんな現実をオクビにも出したくない、絶対に知られたくないのです。だから、それを隠すために自信がありそうに振舞うのです。


引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)
武勇伝を聞きもしないのに言ってくるのは、弱い部分、情けない部分を隠したいからです。そんな自慢話をしてきているときは、“この男性は弱いんだな、弱さを隠したいんだな”と思いながら、聞き役に回ればいいのです。


引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)
その男性と仲良くなりたいのであれば、”あなたって強いのね”というのが一番です。口説かれたくない男だったら、“あなたは強がっているだけ”で、その後の展開を終わらせることができます。」


引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)

「個性的すぎる」と引く

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ファッションや髪型などがあまりにも個性的すぎる女性のことは、“女”としては見られなくなってしまう男性は多いです。
やはり女の子らしい王道のファッションや髪型の女性に惹かれてしまう男性がほとんどだと言えます。
個性があまりにも強すぎる女性は、友達としては楽しいかもしれませんが、恋愛対象にはならないというのが多くの男性の本音でしょう。
引用元:mdpr.jp(引用元へはこちらから)

会いたい!

競争心が激しい男は、恋愛においても自分が優勢な立場にいたいと思っています。なので“会いたい”とか“寂しい”と彼女に言ってしまうと、弱味を握られるというか足元を見られるような気になって、言いたい気持ちを押し殺してしまうんですよね。


引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)
彼からこういった言葉を聞いたい気持ちは分かりますが、彼から連絡があって会う日にちを決めてくれるということは、彼が“寂しくて会いたい”と思っている証拠です。

なので、あまり彼に愛の言葉を迫って、面倒くさいと思われないように気をつけましょうね。


引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)

男同士の集まりが楽しくない……

男が彼女に本気でハマると、今まで最高に楽しかった男同士の集まりさえつまらなく感じてくるものです。友達と下ネタに花を咲かせたり他の女の子をチェックするよりも、あなたと一緒に家でまったり過ごしているほうが幸せ……と思っても、男は口が裂けてもそんなことは言わないでしょう。


引用元:www.men-joy.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者