2016年06月28日更新
恋愛 恋愛テクニック 恋愛テク

過去を捨てきれない人必見!恋人とヨリを戻す方法

どんなに楽しく幸せに恋愛をしていても、ちょっとしたタイミングで意図せず別れてしまった。 新しいパートナーを見つけても、どうしても前の恋人が忘れられない・・・なんて事はよくあるものです。 今回はそんな人のために、好きな人とよりを戻す方法をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

1016
0

まずはよりを戻すメリットとデメリットを理解しておく

相手の嫌な所ばかりが目についてまた別れてしまうかもしれません。

しかし、これはお互いが口に出して改善しあえばいいのです。

もしかしたら、また別れるのが嫌だと我慢して何も言わなくなってしまう可能性もありますが。

しかしデメリットばかりではなく、メリットだって存在するのです。
引用元:spiritualism-japan.com(引用元へはこちらから)
一度別れたのによりを戻したのは、別れる要因となった何かを受け入れたということ。絆は深まり、結婚する可能性が高くなるのです。

結婚に大事なのは、『この人となら幸せになれる』ではなく、『この人となら不幸になっても頑張れる』という精神です。
引用元:spiritualism-japan.com(引用元へはこちらから)

ヨリを戻したい心理は男女で違う?

一人の寂しさに耐えられず、つい「過去の幸せなときに戻りたい……」と夢想してしまう女性は少なくありません。

引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

彼ではなく彼と経験した“過去の恋愛”に未練を残している場合がほとんどです。

引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)
男性は、表面上は強がりを言ったり、平気なそぶりを見せても、自分自身のなかでは深く傷ついたり、悶々としていることも多く、脳の切り替えができにくい傾向にあるそうです。

そのため、新しく好きな恋人ができても、女性とは違い、心のどこかでその傷や想いを抱え続けている、なんてこともあるそうです。
引用元:www.excite.co.jp(引用元へはこちらから)

よりを戻すなら元恋人という立場を忘れて、現在の関係性を見直すこと

復縁を迫る場合、迫られた場合、一度胸に手をあてる感じで考えてみてください。

引用元:nanapi.jp(引用元へはこちらから)
昔はいくら仲が良かろうが、相手から見たときにはすでに自分は「他人」です。
引用元:za-sh.com(引用元へはこちらから)
ヨリを戻したいのは、本当に元カレのことが好きだからですか?「振られた自分が格好悪い」、「振られるなんてプライドが許さない」という別の気持ちからではないですか?

引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)
あなたと彼の別れた理由。

彼やあなたの本質的なことや価値観に関わることであれば、復活しても、同じことの繰り返しとなってしまうかも。
引用元:allabout.co.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者