水を飲むだけでデトックスやダイエット! 「水ダイエット」の正しい方法とは?

、水ダイエットの根拠や方法、効果などを紹介します。 やせるだけでなく、身体もキレイになっちゃいますよ!

2495
0

水ダイエットとは

「水ダイエット」とは、普段の生活で水を積極的に取り入れるだけの簡単なダイエット方法です。

人間の体の約60%は水で出来ており「水」は私達の体をつくる源ですが、実際のところ私達の体は常に水不足で理想の水分摂取量に達していないことがほとんどです。

そこで、自分に必要な「水」の量を意識して取り入れ体の不要な老廃物を排出することが「水ダイエット」の最大の目的です。

水を積極的に取り入れることによって無理なく体内の老廃物を排出を促すので、ストレスなく健康的に痩せることが可能で、更に痩せやすい体へ導いてくれると言われています。リバウンドの心配もいらないとされています。
引用元:hadalove.jp(引用元へはこちらから)
「水 ダイエット」は穏やかに体のデトックスを行う方法なので効果の表れ方は人によって様々ですが、ほとんどの方は大体1~3ヶ月で、効果を実感されているようです。

即効性のあるダイエット方法ではありませんが、リバウンドがなく美肌へ導く効果や便秘の改善も期待できるのでダイエット目的の方も、そうでない方にもおすすめのデトックス方法です。
引用元:hadalove.jp(引用元へはこちらから)

なぜ水がいいの?

水は身体に良いという話はよく聞きますよね。ジュースやコーヒー、お茶ではダメなの?とつい考えてしまいますが、やはり、水がいいようです。

同じ水分とはいえ、水以外のものは、カロリーなど消化しなくてはならない物質を含んでいるので、そのぶん余計なエネルギーを使うし、身体への吸収も遅くなります。なにしろ、身体の約6割が水ですから、汗や尿などで出て行く分を考えると、かなりの量をすばやく補給しなくてはなりません。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

また、お茶やコーヒーは利尿作用があるので、トイレが近くなり、かえって脱水症状になりやすいそうです。ジュース類には糖分が入っているので、ダイエットには不向きですよね。

水はノンカロリーで早く体内に吸収されますので、身体への負担もなく、また、血液の流れをきれいにして体内の循環をよい状態にしてくれます。細胞内も多くが水で構成されているので、水を飲むことで細胞が元気になり、身体全体に影響が表れます。まさに生きる上でなくてはならないモノ、それが「水」なのです。

引用元:welq.jp(引用元へはこちらから)

ダイエットに良いお水があるって本当?

一般的には硬水が向いているとされています。

しかし人によっては、硬水は体への負担が大きいので合わない方もおられます。

日本人に向いているのは軟水ですが、軟水のなかでもダイエットに向いたお水、というのもあります。

いろいろなお水を試してみて、自分に合うお水で継続的に飲み続けることがなによりも重要です。
引用元:xn--t8j1jma8gra4a6197g.net(引用元へはこちらから)

水の摂取量

「水ダイエット」に最も効果的な量は、自分の体重の約4パーセントとされています。つまり、体重50kgの方だと【50×0.04=2】なので約2リットルの水が必要という事になります。

もちろん食材に含まれる水分=水なので、1日分の食事の水分も考えると50kgの方だと約1.5リットルの摂取量が目安と言われています。
引用元:hadalove.jp(引用元へはこちらから)

水ダイエットのコツ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

効果的な時間帯に飲む

水を飲む時には、量や温度だけではなく時間帯にも気を付けましょう。

水を飲むお勧めのタイミングは以下です。


寝起き
水を飲むことで胃腸の活動が始まって排泄を促すことに繋がる

食前
胃腸の働きが高まることから食べ物を消化する力がアップする

運動した後
運動すると蓄積する疲労物質(乳酸)の分解を促す

サウナや入浴の前
発汗を促すので毒素が出やすくなる

寝る前
寝ている間も血行が促進されて痩せ体質になる



上記の時間帯以外でも水の摂取は体に様々な効果をもたらしますので、体に負担をかけないようにある程度時間をおいて飲んでみてはいかがでしょうか。
引用元:diet-de-yasetai.jp(引用元へはこちらから)

常温の水を時間をかけて

夏場などは冷たく冷えた水を一気に飲みたい気分になります。
ですが水ダイエットで痩せようと思うのであれば
冷やした水ではなく、常温のぬるいくらいの水を飲むようにしましょう。
冷たい水を一気に飲んでしまうと、内臓など身体の中を冷やしてしまい
代謝を悪くしてしまったり、体調を壊してしまう原因にもなります。
逆に水を沸騰させた白湯として飲むと
血液の流れも良くなり、内臓も暖められるので
脂肪燃焼の促進や基礎代謝の向上など、ダイエットにもメリットがあります。
引用元:diet-de-yasetai.jp(引用元へはこちらから)
また、水を喉が渇いた時にがぶ飲みするのではなく
気づいたタイミングでこまめに飲むほうが
身体に対して良い影響をもたらしてくれます。
ペットボトルの水を持ち歩いて
こまめに水分補給をするようにすると良いでしょう。
引用元:diet-de-yasetai.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

水道水を使う場合は一度沸騰させよう

水ダイエットで飲む水は、どんな水を飲んでも構いません。ただ、水道水を飲む場合は一度沸騰させ、常温にまで冷ましたものを飲むようにしましょう。
なせなら水道水には、塩素などの物質が入っているので、飲み過ぎは体に良くないからなんですね。ですので、水道水を飲む場合は、沸騰をすることを忘れないでくださいね。
引用元:yasekore-diet.jp(引用元へはこちらから)

アルコールやカフェイン、甘い飲み物には注意

ダイエット中とはいえ、飲み会などの付き合いもあるでしょうし
そんな中で、お酒やコーヒー、甘いモノを飲んだりすることもあるでしょう。
ですが、これらを飲んだ時には
必ず「水を飲んでリセットする」という意識をしてください。
アルコールやカフェインなどは、飲むとその排出のために
多くの体中の水分を失うことになります。
すると身体が水分不足の状態になってしまうので
なるべく早めに、水を飲んで水分補給をするようにしましょう。
また甘いものも、砂糖を多く含んでいるので
水を飲んで薄めるという意識で、リセットをこころがけてください。
引用元:diet-de-yasetai.jp(引用元へはこちらから)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ作者